エクアドルについて

 ~全てが盛りだくさんの国~ 

この素晴らしい大地を旅行するという事は、精神を奮い立たせるような幻想的な感覚と、素晴らしい大冒険を体験する事です。エクアドルは、ストーリー性溢れる忘れられないバケーション(休暇)となる完全な要素が備わっています。

エクアドルは、南アメリカ大陸の北西に位置し、緯度0 °(赤道)に位置しています。その4つの自然地域から構成されており様々な風景を楽しむためのアクセスは容易なものです。アマゾンの魔法の熱帯雨林地域、真珠のようなビーチから、雪を頂いた火山からコロニアル都市を歩きまわる。伝説的なガラパゴス諸島へと誘います。

エクアドルは256,730k㎡の大変小さな国ではあるもの、南アメリカにおいても最も変化に富んだ地形を持つ国の一つです。主に4つの地方に分かれ、アンデスシエラ(高地)・コスタ地方、アマゾンジャンル地方そして海岸地方から1000km離れた太平洋にガラパゴ諸島があります。キトはエクアドルの首都でアンデス高地にあります。

グアヤキルは主な港をもつ海岸地方にあり、最も大きな都市です。

Ecuadorian roses.

産業―
エクアドルは、石油の生産者と輸出国であり、OPECのメンバーでもある。 この石油は、アマゾン盆地から掘削され、パイプラインされ、2本のパイプラインを通じて太平洋岸に運ばれます。 バナナ(バナナの世界一の輸出国)、エビ、バラ、ココア、魚(新鮮な冷凍&缶詰)、コーヒー、熱帯の果物など、バナナが最も重要な輸出品です。 最近、ココア(またはカカオ)は実際にはエクアドルから来て中央アメリカではないことが証明されました。 また、世界でもトップクラスのチョコレートを製造している特定の種類のチョコレートに、「カノー・アリバ」という名称を最近登録しました。 エクアドルのバラも、世界一流のものとみなされています。彼らは、一年を通して強く強い太陽からの恩恵を受けるからです(茎はまっすぐ上向きに成長します)。そして、アンデスの素晴らしい水と土壌のおかげでもあります。

人々

約1400万人の人口の多くが主に高地に住んでおりメスチソ、そしてヨーロッパと南アメリカの血が混ざった人が多く見られます。インディヘナの多くはアンデス高地とアマゾンジャングルで生活しています。海岸地方の多くの人は南アメリカ、ヨーロッパ、アフリカからの移民が多いです。

銀行、商業

通常一般の銀行、商店は9h00-18h00、月―金曜営業しています。両替商は平日、週末とも開いており、主なホテルでも両替できます。人里離れた場所では両替は難しいです。国内はUSドルが使われています。

通貨

エクアドルではアメリカUSドルが使用されています。小さな商店では高額な紙幣は受け付けてくれないところがありますので、
US$20札以下の金額をお持ちになることをお勧めします。

税関

空港の税関では一人につき2つのスーツケース(それぞれ31.8Kg)、そして手荷持つ1つ(カメラ、ビデオ、双眼鏡を含む)を持ち込む
権利があります。専門のビデオカメラ、ダイビング、登山用の用具を持ち込む際は先に特別許可が必要なこともあります。

電圧

110AC、多くのコンセントタイプは日本と同じ2つ穴が使用できます。

言語

公用言語はスペイン語となっていますが、インカ帝国時代に使われているキチュア語も使用されています。

パスポート&ビザ

エクアドル入国の際に90日間の有効期限が必要となります。90日間以内の滞在についてビザは必要ありません。

税金

購入した製品には税金12%、そしてホテル、レストランにおいては税金12%とサービス料10%がファクトュ-ラ(レシート)に含まれています。

気候

エクアドルの面積はイギリス、またはアメリカのコロラド州と同じといわれています。その中において地形的には4つに区分されており、
アマゾン、シエラ(高地)、海岸地方、ガラパゴスとなっています。エクアドルは丁度赤道直下に位置するため、極端な季節の変化がありません。雨季の降雨量は地域ごとに異なります。それぞれの地方の気候については下記をご参照ください。

キトと高地
6月から9月は昼間の気温が約21℃(70°F)の乾季です。 雨季は10月から5月までで、3月または4月は最も雨が多い月です。 これは通常、快晴な朝と午後の豪雨を意味し、その後再度太陽が出てくるという気候です。

Panecillo in downtown Quito.
ガラパゴス
ガラパゴスでは1月から4月は暖かく湿った月です。 島々は湿気が多く、日中は暑くなることがあります。 気温は24°C-30°C(75°F-86°F)、昼間の最高気温は約29°C(85°F)です。 5月から12月は乾燥した、より涼しい月です。 これは野生動物が最も良い時期であり、ほとんどが再現されるからです。 気温は23°C〜28°C(73°F〜82°F)の範囲で、7月から9月にかけては通常海面がより荒れて風が強くなります。

Galapagos sea lions resting by the shores.

グアヤキルと海岸地方
沿岸低地は熱帯で、一年中温暖です。 5月から12月までは乾季で、曇った日や涼しい夜がしばしばあります。 暖かい雨季は1月から4月にかけて続きます。 高湿度が予想されます。

Guayaquil's boardwalk.

オリエンテまたはアマゾン流域
もちろん熱帯雨林は、年間降水量の多い雨が多い地域です。 朝は午後の豪雨と気温が約24°C(75°F)の晴天の傾向があります。 熱帯雨林で夜は涼しく、ウインドブレーカーは便利です。

The Amazon in Ecuador.

ショッピング

目的地を望ましいものにするアクティビティのリストに買い物をする人は、エクアドルが望ましいだけではなく、魅力的であることに気づくでしょう。職人技は熟練しており、芸術性は想像力に富み、価格は安価です。パナマ帽(間違った名前)、アルパカセーター、シルバージュエリー、スカーフ、フルート、音楽、革製品、木彫り、陶器、コーヒー、チョコレート、フルーツリキュールなど少なくてもこれら小さな宝物を買わずにしてエクアドルを離れることはできないです。実際すべての購入品を詰め込むのに十分な大きさのスーツケースを持参するのが賢明です。

あなたが何に注目すべきかのアイデアをあたるために、ここに簡単なリストがあります:

・先住民族の市場で売られているポンチョ:オタバロ、プヒリ、サキシリ

・エレガントなパナマ帽

・海岸、高地(特にクエンカ)またはアマゾンの美しい陶器

・オタバロ近くのサンアントニオの木彫りの工芸品

・コタカチの革製品

・「スピリットオブエクアドル」のフルーツリッカー

・「世界の真ん中」のミニチュア記念品

・プーヨからバルサでできたコンゴウインコと木のエキゾチックな工芸品

・クエンカ近くにあるコルデレグの美しいジュエリー

・インカデザインのシルバージュエリー

・オタバロ市場のヒスイの装飾

・アルパカのラグまたはクッション用カバー

・民族音楽

・「ロンダドール」(パンパイプ)

・キト郊外のカルデロンの「マサパン人形」

・バーニョスの「メルココチャス」(ハードキャンディ)

・エスメラルダの「コカダス」(ココナッツと黒糖キャンディ)

・エクアドルのコーヒー

・エクアドルのチョコレート

・「Palo de lluvia」竹の楽器(雨の音)

・インバブーラのセーター(オタバロとその周辺)

・エクアドルサッカーチームのTシャツ

キトのお土産を買うのに適した場所は、旧市街のラロンダと呼ばれる通り、キンデショップ(EL QUINDE)(市役所、プラサグランデ)、オタバロマーケット、サンフランシスコ寺院のエル・ティアンゲス、ミンダレ博物館(MindaleMuseum:Av.Diego de Almagro, Mariscal quarter),フォルクローレオルガフィッシュ Folklore Olga Fisch (Av.Colón up from Av. 6 de Diciembre, and in Hotel Patio Andaluz), メルカードアルテサナル ラ・マリスカル (Jorge Washington, Mariscal quarter)にあります。

Hand painted plates or bowls in the Otavalo Market.

Ready for your Ecuadorian Amazon Adventure?

お問い合わせ

お客様のお名前:

E-mail アドレス:

ご興味の商品:

メッセージをご記入ください。: