エクアドル列車の歴史

世界で最も挑戦的な鉄道の建設

1895年に大統領エロイ・アルファロが誰もが不可能と言っていたグアヤキル-キト間を結ぶ難関工事である鉄道の路線、特に「悪魔の鼻」を完成させるために1897年にニューヨークに「グアヤキル-キト鉄道建設会社」を設立してアメリカでの投資、募金活動をルイス・カストロにより開始させます。

ルイス・カストロがニューヨークで彼の好きなコーヒーショップを訪ねたとき、技術者であるアーチャーがビリヤードをする場所にいたと言います。 テーブルでの短い会話の後、彼らはエクアドルの鉄道建設に協力してくれないかと依頼したところ彼は悪戯にこう尋ねてきました。

「そこには冒険はありますか?」

この奇跡的な出会いから、世界で最も困難なエンジニアリング・フィートとして知られる鉄道を完成させるためにエクアドルに来て、かつ困難な工事を成功させるに至ります。

アーチャーはグアヤキルからキトに5日間をかけて地形を丹念に探検し、歴史の中で最も勇敢なエンジニアの一人であると言われるようになりました。ガルシア・モレノの大統領時代には、ヤグアチからチンボまで海岸線の大部分が始まりましたが、その後、しばらく工事は放置されてしまい大統領が暗殺されて以降、その路線の大部分には熱帯の植物が覆い被さり忘れられてしまいました。
ジェームソン・ケリーが工事を続けるために雇われたのは、ほぼ10年後でした。この英国の技術者はヤグアチ-デュランが敷かれ、鉄道の路線にはエッフェル塔で有名なグスタフ・エッフェル(設計者が傑作の橋を建てる3年前のエッフェル塔完成)、によってデザインと建設されました。

そして同時にエクアドル最初の電話機が作られました。(駅での使用のために配置されている)そしてアンデス地域であるチンボとシバンベの間の最初の仕事が開始されました。

最初に取り組んだ記念すべき事業にハーマン兄弟が直面した大きな問題とは、亜熱帯雨林を通るケリールートが冬の終わりには洪水によって無慈悲にほぼ完全に消えてしまったことでした。

「今何をしたらよいのだろう?」

困ったアメリカ人兄弟たちは、エロイ・アルファロ大統領に尋ねました。彼は迷いなくこう言いました。「まず、悪魔を撃退するためのウィスキーを用意しましょう」と

その後1900年3月4日付けの手紙の中で、ハーマンズ兄弟は彼にその「悪魔の鼻」の解決法を提案しました。

ヘンリー・デイビスは、ハーマンズ兄弟の多少疑問のある選択肢の提案を聞いた後に亡くなってしまいました。雨季には破壊力を持つチボラッソ火山からの氷河の水であるチャンチャン川に沿ってブカイその後シバンべまで回り込むことはケリーの地質学的に不安定なルートに沿って遭遇する困難を避けるだろうと考えました。それは距離が長く、傾斜がきついルートでしたが決定が確認されると直ちに列車の管理者はウイグラ地区の土地をすぐに買い取ってレールがその地主の正面を通過することを保証しました。

この場所の鉄道路線再活動には勿論、多難で危険続きでした。

実際にシバンべに来た直後には他とは比較にならない局面にぶつかりました。それはアンデス山脈の山の壁を登るという課題に直面し、唯一の解決策は、急斜面上にジグザグの道を作り出すことでした。それは今日にとってエクアドルの鉄道の大きな魅力の一つ「悪魔の鼻」です。

 

この功績を生み出すために、線路が作られた行程全体において、多く呼び寄せられたジャマイカ人を含む何千人もの労働者の死亡者が出たことが判明しました。アーチャーの弟のジョン・ハーマンも亡くなりました。墓を置いた場所は幾多の地すべりが起こるところで、 最近になって発見され彼の墓はウイグラの町に置かれています。

一方、アーチャー・ハーマンは完成後アメリカに戻り乗馬の途中で落ちて無くなりました。

列車路線の開通に関して、それは相互の国の協力のもと最も勇敢な偉業として

現在に伝わっています。