チョコ-の森生物保護区に

Quito,31Jul2018

ユネスコはアンデス・チョコの森を

生物圏保護区”と宣言!

ユネスコが正式に”アンデス-チョコの森を自然保護区のリストに追加した”これを皆様に発表する事が出来るのを、非常に興奮しています。 メトロポリタンツーリングでは、世界中で共有する目的地である自然保護の要素をこのエリアが含まれることを非常に嬉しく、大きな栄誉です。

今日には、世界の122カ国に約700の生物圏が存在しています。

その保護区はかねてから3つのゾーンで成り立っています:有する目的地の1つに、有名な保護区域の一部としてマシュピロッジ(MASHPI LODGE)が含まれることは栄誉以上の何ものでもありません!

mashpi lodge Andean Choco Declared a UNESCO Biosphere Reserve

保護区自体はキト(エクアドルの首都)からわずか45分のところにあり、マシュピロッジ(Mashpi Lodge)はわずか数時間です。このナショナルジオグラフィック推奨のユニークなロッジは、訪問者やゲストにこの忘れられない豪華な自然体験を提供します 新しく指定された生物圏保護区とそれが保有する多くの天然記念物が含まれています。

なぜアンデス・チョコの森は生物圏保護区と宣言したのでしょうか?

アンデス・チョコの森は、ピチンチャ州のおよそ30.31%を占める、非常に生物多様性の高い地域です。 その総面積は約286,000ヘクタールで、海抜360〜4,480メートルです。 この新たなユネスコのリストに加えて、エクアドルでは正式に7つの生物圏保護区が正式に設置され、残りの地域にはこちらになります。

mashpi lodge ocelot

約270種の哺乳動物が予備区内に分類されている

ユネスコによれば、アンデス・チョコの森には、メガネクマ、イワドリ、ムナグロワタアシハチドリ、オセロット、無数の昆虫、両生類、爬虫類などの象徴的な種を含む膨大な動植物の本拠地があります 。 保護区は飲料水、農業生産のかなりの源泉でもあり、周囲の都市部にも電気を供給します。 アンデスチョコにはおよそ880,000人が住んでいます。.

エクアドルの環境大臣Tarsicio Granizoは、アンデス・チョコは「バードウォッチングのための素晴らしい場所であると国際的に認識されており、植物や動物の豊富な種を目の当たりにするユニークな場所です」と述べています。

我々がこの記念すべきレベルに値するカテゴリーの一部であることを知っているのは、我々は非常に誇り高き満足感で満たしてくれるものです。そして、それは我々と、我々の地球のこの為に非常に特別な部分を保護するために働き続けるもう一つの巨大な原動力と理由になる事でしょう。

cock of the rock mashpi lodge

知ってますか? 1ヘクタールの森林は250トンまでの炭素を吸収する能力があります。

生物圏保護区とは何ですか?

生物圏保護区の範囲は、すべての陸生、海洋および沿岸生態系を含みます。 指定された各保護区の目的は、保全と持続可能性に関する解決策とアイディアを促進することです。

生物圏保護区は、事実上、社会および生態系の調査と理解を促進するのに役立ちます。 しかし、もっと重要なことは、おそらく、これらの2つのシステム間の変化と相互作用の管理に焦点を当てていることです。

mashpi lodge structure

 

 

マシュピロッジ(Mashpi Lodge)に到着すると同時に、あなたは素晴らしい五つ星ホテルよりはるかに洗練された場所に入っているのです:そこは、熱帯多雨林保護の最前線にある研究所です。

 

 

 

 

今日には、世界の122カ国に約700の生物圏が存在しています。

その保護区は伝統的に3つのゾーンで成り立っています:

  • 中心的な地域
    景色、生態系と種の保存に非常に関与する非常に防護された生態系から成っています。
  • 緩衝地帯
    中心的な地域を囲んで、包囲しています。
    科学的研究、生態学的なトレーニングと教育を手伝い続ける生態学的な研究を含む活動のために、それが典型的に使われます。
  • 移行地域
    人間の活動で最も大きな量が許される予備の部分。
    これは、エコで社会持続可能な実行が経済の持続可能な形を開発するのを助けるように実行されるところでもあります。 Quito,31Jul2018

 

その他の最新のエクアドルニュースはこちらをご覧ください