4月:特徴的なものは何?

User Avatar Written by: Nathalie Moeller
Galapagos tours itineraries: Bartolome island

 

少しずつ雨が止み、ガラパゴス諸島は美しい鮮やかな緑色に塗られています。4月は求愛の儀式と交尾のシーズンの準備が出来ています。もしあなたが4月のクルーズを予約するのであれば あなたはこの時期を大いに期待してください。4月は何が見られるの?と自分自身に問いかけてみてください。それでは、お答えしましょう!この時期は最も象徴的な BIG15の種類を実際に観察しこの世界に生を受けた動物たちが最初の一歩を踏み出す時期てもあります

このブログでは4月の動きの簡単な要約をご覧いただけます。ガラパゴス諸島の風景、野生動物、日没があなたを待っています

4月に旅行する

エクアドルとすべてのカトリックの国でのイースター休暇を除いては、ガラパゴスを旅行するのに比較的穏やかな月です(多くの人々で圧倒されることはありません)。ガラパゴス国立公園では年間75,000人の訪問者しか許可されていません。この数字は年間を通して配布され、適切に管理された旅程により、多くの訪問場所を最適な状態で観察することができます。(クルーズ船の決められたコースによりほかのクルーズ船が同じ島に入れないというローディングキャパシティーというもので管理されています)!

 

ガラパゴスアホウドリGalapagos islands albatross

アホウドリはガラパゴス諸島から移動する唯一のウミドリです

もしあなたが剣の舞が好きであるのなら、このガラパゴスアホウドリを愛することになるでしょう。アホウドリの唯一のガラパゴスでの生息地はエスパニョーラ島であり、毎年求愛儀式(多分動物の世界で最も騒々しく面白い展示の1つであるでしょう)を開始するために彼らが大挙して到着します。アホウドリは生涯同じツガイで、彼らが最初にエスパニョーラ島に戻って来ると(最初にオスが来て、すぐその後にメスが到着します)恒例の行事が開始されます。オスとメスは嘴どうしを「戦い」あたかも件の戦いのような行いをします。科学者たちはこの嘴を叩く行動は、パートナーを認識する際に彼らを支援するために使用されると信じています。ガラパゴスで見られる最も興味深い行動の一つです。もしこのシーンをご覧になりたい場合は、4月―12月の期間の南側コース(イサベラⅡ号4泊5日)、東側コース(サンタクルスⅡ号6泊7日、ピンタ号4泊5日)にご参加ください。


そしてリクイグアナたち

Galapagos species: land iguana

リクイグアナはガラパゴスの象徴的なアイコンの一つです。

 

リクイグアナの卵は地下の巣の中で静かに3~4ヵ月期間孵化を待ち、産まれてきます。
彼らに表面に自分の道を掘り起こすために最高1週がかかることがあります、そこでは彼らは捕食者と他の危険性に気をつけなければなりません。
アオサギ、フクロウまたはガラパゴス諸島の食物連鎖における頂点捕食者であるガラパゴスのノスリ(タカ)が巣の地域のまわりに潜んでいるのを発見することは、思いもかけないことでありません。
これらの驚くべき生きものを見たいのえあれば、中央コース、北側コースであるノースセイモア島、ドラゴンヒル、サンチアゴ島を訪問するコースを選んでみてください。

ガラパゴスゾウガメ

Galapagos islands giant tortoise baby

ゾウガメの赤ちゃんは4-8か月後に巣から出てきます。


この一か月はガラパゴスゾウガメの孵化する季節が終わりを告げます。生まれたてのゾウガメはウミガメの自然界におけるリスクよりは少ないものの、最大の捕食者であるガラパゴスノスリ(鷹)に気を付けなければなりません。サンタクルス島のハイランドまたはダーウィン研究所において見られる自然の美しい生息地でみられる子ゾウガメの真実の証人となる事ができます。すべてのメトロポリタンツーリングのクルーズ、ホテルのプログラムで訪問する事が出来ます。

あなたはこの時期にガラパゴスを訪れますか?来年計画中ですか? Let us know!

我々は、これが生涯の冒険であると保証します!