10-11月を狙うなら

10月―11月の訪問を検討中なら、エキサイティングな発見があります。

北半球からお越しのお客様には秋のシーズン中にガラパゴスへ旅行するなら、魅惑の島(ガラパゴス諸島)で両方の世界(乾季と雨期)の最高を見る機会があります。 10月と11月はまだ天気の良い日には晴れて爽やかなままですが、ガラパゴスの乾季から暑い季節への移行は、特にこの2ヶ月の間に行われるのでその最初の微妙な雨季の兆候を示し始めます。フンボルト海流も、湧昇流の存在のおかげで海に栄養分とより冷たい水を供給し続けます。これは、水中でも水中でも、このような過剰な栄養分を熱心に利用することを意味します。

この秋、今までにないガラパゴスを体験しよう!あなたはこれらの栄養豊富な冷たい水の恵みによってもたらされる莫大な量の野生生物の活動を観察することができて、次第に上昇する水温で楽しむことができるでしょう。

そのため、10月と11月にガラパゴスに旅行するかどうかを考えていた場合は、読み続けてください。その先何が起こるかについて興奮してくでしょう。

ガラパゴスの天候 = Blue & Golden Skies

空を覆い、雲のシート – – 10月から12月にかけて逆転層-空を覆う雲の層-ができる時期です。それが徐々に消えはじめます。逆転層(また、それは偶然にも乾季の間でも一般にある気象パターンであるのです)は、フンボルト海流とともにガラパゴスを去っていきます。従って、青い空の時間は、徐々にこの時期の間に増加し始めます。

Cormorant point at Floreana Island.


10月から11月のガラパゴスには
是非、魅力的な雛-子供たちを観察する時間に費やしてください。
アシカの赤ちゃん、等々…

Sea lion at the shore in Galapagos.

魅力的なアシカのベイビー.

10月から11月にかけての間ガラパゴスはアシカの出産ラッシュに入ります。この時期の海岸沿いには何匹ものアシカの赤ちゃんがママアシカを呼ぶ声や素晴らしいガラパゴスの太陽の下で日光浴をする姿が見られます。カメラの用意はいいですか?何故なら必ずやあなたは可愛らしい子犬の様な優しい表情をしたアシカの赤ちゃんに魅了されること間違いないからです。

ガラパゴスアシカの出産ラッシュの時期は時々珍しいことが起こります。興味深いことにメスのアシカは直ぐに妊娠する機能を持っています。出産した2週間後に再度排卵を開始し、それにオスは強く意識をしはじめます。もしメスが実際にこの期間中に妊娠することができれば(8月か9月頃)、その後、遅延性着床の現象がおこります。これは何かあなたは疑問に思うかもしれません? 実際に妊娠することは食料源が少なくとも豊富であるとき出産することを意味するという事です。ガラパゴスアシカは生物学的には胚が文字通り自分自身が移植されるのを防ぐように進化しました。注目すべきことに、胚はおよそ2ヵ月の間休止状態のステージに入ります。そして、食物不足の期間の間に生まれることから新生児をいたわります。従って、海が栄養分で満たされるとき、母アシカはなんとか結局乾季の間に出産することになることができます。これは、母アシカが子アシカに餌をやるのに十分なミルクを飲むことを保証してます。

Sea lion in Autumn.

10月から11月にかけて、この素晴らしい種を見ることができます。

一生忘れられないアホウドリの求愛ダンス

アホウドリ – エスパニョーラ島のみので見る事ができる。 – 彼らの求愛行為は差し迫った別れ(一月に島を離れる)と関係します。この儀式は4月に再エスパニョーラ島に戻ってきた時に見られます。何故ならアホウドリは一生のつがいであり、集団繁殖地(コロニー)から渡去 する時に相手を忘れないように確認しあいます。確かなことは、それはアホウドリが彼らの関係を保つためのサインでもあります。アホウドリの雛はそれらの月々に(身体はまだ小さいのに)成熟した羽根を見せつけます。それで彼らの外見が成鳥とはそぐわない様な感じに見られます。

Galapagos albatross is one of the iconic species.

アホウドリの求愛ダンスを見逃してはなりません。

キレイな色になってメスをとらえる!

リクイグアナとウミイグアナ – ガラパゴスにいる Galapagos BIG15の中の主要なメンバーです。 –彼らは季節の変わり目になると温かい気候を利用して彼らのホルモンがエンジンを復活させ始めます。これはどの様な様子だと思いますか?丁度爬虫類は10月と11月(乾季の最後の月)の間に行動パターンと表皮の色を変え始めます。周囲の環境温度がその子孫の性別を決定するものであるため、この間の後輩も卵自体のバランスをとる行動です。

Galapagos land iguana resting.

リクイグアナが最も美しい時期

そして温かいシーズンになると彼らは交尾をし始めます。オスはその時までにメスをとらえないといけません。それなのでそれらのシーズンにはガラパゴスではメスを確保しようと多少アグレッシブ(攻撃的)になっているオスが見られるのです。メスにはより領土意識が表れ、それは将来産卵する場所を確保するためです。オスはより魅力的に見えるように彼らの最も明るくそしてカラフルな「スーツ」を着ます。この時期のウミイグアナの赤と緑の強さ、そしてリクイグアナの暗くて明るい黄色と他の色に魅了されることでしょう。あなたがガラパゴスのポストカードのような美しい瞬間を欲しがっているならば、これはその時期です!

10月、11月にガラパゴスへ旅行する価値はありますか?

もし、あなたにとってガラパゴスを訪問するのがかねてからの夢であったのなら、もう時間を捨てることはありません!10,11月はパーフェクトな時期なのです。早速ガラパゴスのクルーズ船デイクルーズプログラムを選びましょう。 いずれにせよ、あなたは人生がガラパゴスでの新しい高みに到達するのを見つけるでしょう!この時が止まったようなこの自然の楽園では、人生の道が広がります!その進化の成果を賞賛するのはあなたの番です!

(Visited 362 times, 2 visits today)

Nathalie Moeller is of Ecuadorian and German descent. As a child she spent her summers in the Galapagos Islands, where her mother grew up, and from a very young age learned to love the beauty and uniqueness of the archipelago. She studied Journalism and Humanities in Barcelona, after living in Madrid and Germany for a couple of years. This gave her a culturally broader view of the world, which is reflected in everything she does. Blogging gives her the opportunity to combine her passion for travelling and writing.