チャ-ルズダ-ウィン上陸

10Sep2018

メトロポリタンツーリングでは183年前に上陸した、有名な若きナチュラリストのガラパゴス訪問を心からお祝いします!

map departure charles darwin to galapagos

1835年、この年に…

HMSビーグル号の航海は約4年目を迎えていました。
1835年9月7日、チャールズ・ダーウィンはナチュラリストとしての公式の地位になったことを飛び上がって喜びました(前任のロバート・マコーミックがリオデジャネイロで自分の地位を放棄したため)。 ダーウィンはその約1か月前にイギリスにいる姉妹のキャサリンに次のように書いています。「私はガラパゴス諸島訪問を非常に切望しています。地質学と動物学の両方が私にとって興味深いものになることは間違いないでしょう。」と。

彼が遭遇しようとしていた素晴らしい驚異が何であるかこの時点ではまだ分かりませんでした。東南から吹くの貿易風は一年の内この時期にかなり強く、長い旅の間、ダーウィンは何度も船酔い体験していたことに違いないはずです。

1835年9月15日にフッド島(エスパニョーラ)の近くを航海中のHMSビーグル号は、島を目にしてここで正式にガラパゴス諸島に到着したのだと公言しました。船は続いて航海し、午後に彼らはチャタム島(サンクリストバル)の東端のポイントである巨大なマウントピットを見ました。

ビーグル号の役人たちはこれらの大きな期待を膨らませていた、険しい火山の海岸線の調査と、彼らの前にある後世に残る偉大な研究をしながら非常に興奮していました。…彼らはフィッツロイ大尉の素晴らしい数学的能力に大きく依存しています。これは、クロノメーターと複雑な測量業務の絶対的な天才です。fitzroy darwin galapagos reenactment

1835915

ダーウィン、ガラパゴスに到着

チャールズ・ダーウィンは、「ビーグル航海記」と題した彼の著書には、次のように書いています。「これらの島々が赤道直下に位置していることを考慮すると、気候は過度に暑くはありません。 これは主に南極からの寒流によってここに流れ込まれた周囲の水の特異な低温によって引き起こされたようです」この場合、彼はこれらの熱帯の島々が他の赤道の場所とは違う種類の天候をどのように保つかを正確に指しています。

first island charles darwin landed galapagos
これは、ガラパゴス諸島に到着したときの現代の訪問者とまったく同じ印象です。不毛、乾燥、落葉、荒涼とした劇的な風景がいっぱいです。 記録ノートには、ダーウィンは非常に興味深いことを言っています。:

「より大きな島に匹敵するクレーターの一部は、大きさが大きく、3〜4,000フィートの高さにのぼり、 それらの側面には、無数の小さなオリフィス(薄い壁に開けた流体を流す小さな穴)があります。」

ダーウィンは地質学的特徴について魅力的で鋭い目を持っていたことは間違いありません。 どこで探検するかに関わらず、島々はいつも最高の火山的な様相をします。時にはシーン全体にある程度の昇華を加えたり、奇妙な色彩豊かな陸上の奇妙さを演出したりします。
galapagos volcanic terrain
HMSビーグル号は、幾つかの海岸線から選ばれた海岸を探索するための最初のボートを送る準備が整いました。 セロブルーホ(Cerro Brujo)があるステファンズベイ(Stephen’s Bay)が選ばれ、そこへ若いダーウィンは何十年も前から高い期待を抱いていた訪問を実現させました。

HMS Beagle in Galapagos

9月17日、彼は次のように書いています。「歩いているうちに、私は大型の2頭のカメに会った。それぞれが少なくとも200ポンドの重さで

黒い溶岩の上、葉のない低木、大きなサボテンに囲まれたこれらの巨大な爬虫類は、いくつかの未知の動物のように私の想像に見えました。 少数の鈍い色の鳥の存在は大型のカメ以上には気にしませんでした。なければならなかった.1頭はサボテンを食べていた。私が近づくにつれて、 離れて、もう一方は深いシューと言う威嚇音を出し、その頭を引っ込めました。

 

darwin encoutner giant tortoise galapagos

奇妙な火山の特徴とユニークな野生生物の組み合わせが、若いナチュラリストの興味を引いたのは明らかです。彼は数週間前に何が来るのか分からなかったが、世界は種の起源についての後の傑作でガラパゴスのどのアイデアが浸透するかについての手がかりがなかったのです。  On the Origin of Species.experience galapagos liek charles darwin

それは、鋭い観察力、洞察力を観察の力をもってしてできることで、チャールズ・ダーウィンはこれをマスターしていました。 島の南東部を探索する人(on any one of our Galapagos cruises)は、エスパニョーラ島(Española)やサンクリストバル島(San Cristobal)のような島々のガラパゴスクルーズの島々に行くとダーウィンが最初に見たものを正確に目撃することができます。

これらは世界中の人々の興奮を高めさせるのに十分な理由であり、そこではあなたは容易にダーウィンと同じ体験ができるでしょう。

(Visited 39 times, 1 visits today)