ロンダ通り

ボヘミアンの歴史残るキトの植民地時代

Quito,21Aug2018

キトの植民地時代の様子が分かる旧市街地区には、秘密がたくさんあります。 半開きのドアからしか見えないスペイン風の家の中庭。 靴を修復する古い店舗。 エクアドルの伝統的なスイーツを提供するレストラン。 最も有名な南米の海兵隊員たちの会合の場として以前に使用されていた古い家屋。 この世界遺産に位置する完璧に位置するホテルCasa Gangotenaは、エクアドルの最も有名な詩人が、人生、愛、政治、宗教に関する意見を共有するために集まった通りです。 ラ・ロンダとしてよく知られているフアン・デ・ディオス・モラレス通りを歩いて、キトの全部のセンスを感じ取ってください。

La Ronda during the day. Photo by SheepRUs

La Ronda during the day. Photo by SheepRUs

ロンダ道りは歴史満載の通りです。

スペイン人の征服者たちの前に、La Rondaは、近くの溝から水を得るために住民が使用したインカトレイルでした。インカの北部の首都であったキトの町で植民地が発達した直後には、小川は汚染され始めました。かつて分断された道は、新しく開発された町の都市の主要道に変わりました。 17世紀、La Rondaは、アーティスト、ボヘミアン、詩人達が出会う場所として名声を得るようになりました。 19世紀までには、小川の峡谷がいっぱいになったため、街はさらに成長し、今日は24 de Mayo Avenueとして知られています。町の最も退廃的なバー、食堂、売春宿の一部として知られていました。

アーティスト、彫刻家、歴史家、ミュージシャン、作家、政治家、そして詩人のすべてのキトの最も贅沢で悪名高い特徴の人たちはいつかこの通りを歩いていました。しかし、19世紀の終わりには、ロンダは忘却に陥り、一度美しい家屋が悪化し始め、かつてはキトの住人にとても魅力的だった魅力が失われました。有名なLa Rondaストリートの一部を形成する近所全体の復興が始まり2006年になって、再びナイトライフの伝統的なスポットになりました

そこまでどの様にしていけばいいのか?

La RondaはCasa Gangotenaから徒歩圏内です。 Bolivar StreetをGarcíaMoreno通りまで2ブロック歩き、左折してMuseo de la Ciudad(City Museum)に向かわなければなりません。 美しい植民地時代のアーチの下を歩いて、24 de Mayo通りに向かって進みます。 大通りの直前には、橋の下で始まる小さな歩行者用の路地であるJuan de Dios Morales Streetがあります。

いつ行くべきか?

La Rondaは太陽が沈む時間から活気があふれてきます。 木曜日から日曜日までは日没の日に行って、夜間には通りを上下に歩くことをおすすめします。 その多くのバー、レストラン、居酒屋から出てくるライブ伝統音楽が聞こえます。

何を見るべきか?

La Rondaには小さなバー、コーヒーショップ、ギャラリー、そしてあなたの注意を引く手工芸品店がいっぱいです。 巨大なempanadas de viento(チーズ入りのペストリー)とcanelazo(伝統的なスパイス入りホットドリンク)の甘い香りが通りを満たしています。 手作りの帽子、木彫りの紡績トップ、おいしいエクアドルのコーヒーとチョコレートを購入したい場合は、少額の現金を払ってください。 パスポートやその他の貴重品は、ここでは必要ないので、カサガゴテーナに残しておいてください。 この美しく忙しい歩行者エリアには、毎晩何百人もの訪問者が訪れますが、警察が常に警備していますが、必ずご自身でも身の回りのものにお気を付けください。

Spinning top store in La Ronda

Spinning top store in La Ronda