ガラパゴス20の事実

ガラパゴス諸島に関する20の事実

ガラパゴス諸島は陸上と周囲の海洋の両方でみられる多様な動植物として有名です。400種以上の魚、地球上でもっともユニークな島々、およびガラパゴス固有の野生生物を象徴するコレクションの集まりでし、島々を訪れると文字通りナショナルジオグラフィックのドキュメンタリーに足を踏み入れたような気分になります。実際この顕著なガラパゴス諸島の訪問はあなたが思っているよりもはるかに実行可能です。好奇心をそそるガラパゴス諸島に関する興味不快事実をいかに記します。

1. ガラパゴス諸島97 % が国立公園

エクアドル沖約970㎞に位置するこれらの”魅惑の島”は科学研究の面で非常に重要です。大統領令によって60年以上前に設立されてガラパゴス国立公園は地域の保全と保護の取り組みを導く重要な研究の促進に率先して取り組んできました。島の陸地の97%が国立公園と宣言されており、周囲の海域がユネスコ生物圏保護区に指定されているため、公園内も海洋保護区もエクアドルによって保護されており、ほとんど人は住んでいません。ガラパゴス国立公園は島のすべての訪問者から入場料を請求します。(現在は100ドルです)国立公園の外にある土地の残り3%にはおよそ30,000人が住んでいます。

Hiking in Galapagos.

ガラパゴス国立公園内を散策します。

2.ガラパゴス諸島は活火山です。

島では過去100年間にいくつかの火山噴火がありました。最も最近のものは2018年にイサベラ島にあるシエラネグラ火山の火山であり、そこで発見されたピンクイグアナの固有種に関する懸念を起こしています。幸いなことに島の北西側の生息地は影響を受けていないようです。火山噴火を見ることは最もスリリングで超現実的な体験の一つです。島の形成の重要な部分であり、実際の地質学の最も魅力的な例の一つです

Active volcano in Galapagos islands.

信じられない火山噴火の承認になることはユニークな経験です。

3. 諸島は広大な範囲で繋がっています。

ガラパゴスの諸島群は20の大な島と42の小島、250の岩礁で構成されています。

Map of Galapagos.

ガラパゴス諸島の地図

4. 三種類のカラフルな足を持つカツオドリ

iconic specie Galapagos Nazca Booby.

ナスカカツオドリのような驚くべき鳥を探してみましょう。

カツオドリはカツオドリのグループ(カツオドリ科)に属します。彼らは幾つかの好奇心の強い生息地を占め、カラフルな水かきのある足を持っているのでおそらく海鳥の中でも最も人気があります。アカアシカツオドリは木や茂みを営巣地として使用し、アオアシカツオドリとナスカカツオドリは少し内陸の地面に沿って巣を作ります。彼らの独特なエサは足の色素沈着の要因となっています。

Blue-footed booby.

愛くるしいアオアシカツオドリ

Galapagos Islands red-footed booby.

木の上で巣を作るアカアシカツオドリ

5. 北半球でペンギンがみられるの!?

ガラパゴス諸島は赤道を跨いでいるので、この場所を熱帯と考えるかもしれません。しかし様々な海流と気流が交差するおかげで、島の気候は独特です。諸島の一部(イサベラ島の北海岸沿い)は、たまたま北半球で自然状態でペンギンを見ることができる唯一の場所です。ガラパゴスペンギンはこの種の2番目に小さい種であり、通常イサベラ島とフェルナンディーナ島の西部の島で観察されます。いくつかのコロニーは中央の島々とフロレアーナ島までの南にあります。

6. ウミイグアナは素晴らしい泳ぎの達人です。

島の海洋生物のほぼ20%がこの地域の固有種です。これにはウミイグアナが含まれます。これらは、水をとても楽しんで泳ぐ方法を学んだ世界で唯一のトカゲです!彼らはほぼ完全に海藻(藻類)を食べます

Marine Iguana.

ウミイグアナの素晴らしい泳ぎを観察しましょう!

7.年中訪問に適した場所です。

Hot season Galapagos.

ガラパゴスの暑い季節に緑の美しい色合いをお楽しみください。

赤道近くに位置する島々は、年間を通して温暖な気候に恵まれています。ただし、大きく異なる2つの季節があります。12月から5月にかけて温暖で湿気の多い季節と、6月から11月にかけて少し涼しく乾いた季節です。季節に応じて島々は緑豊かでトロピカル、または少し不毛でカラフルで乾燥しています。島々は暑い季節に降雨量が多く、穏やかな海とわずかに暖かい海水温が約26℃という特徴です。一方乾季には南東の貿易風が吹くため素晴らしい風が吹き、海洋活動が活発になります。

 

Dry season in Galapagos.

乾季の間はガラパゴスの赤茶けた様子が見られます。

一年中ガラパゴス諸島を訪れるのに最適な時期です。時々、素晴らしいパッケージに、時には割引料金さえあります。個別に購入するとはるかに高価になる宿泊施設、食事、交通機関、およびアクティビティの数を含めることで、パッケージを予約するときに得られるものが重要な節約になるため、常に検討することをお勧めします。

Discover Our Galapagos Tour Packages!

8.日照時間は一年中同じ(一定)です。

ガラパゴス諸島のもう1つのクールな機能は、昼と夜の長さが等しいため、昼間と夜行性の動物を見る機会がたくさんあることです。トロピカルな場所にあるため、夏時間を節約する必要はありません。年間を通して、ガラパゴス諸島では毎日平均12時間の日光が降ります。

9. 長寿の代表:ガラパゴスゾウガメ

平均的なガラパゴスゾウガメは一世紀以上生きることができます。彼らの寿命は陸上の脊椎動物の中で最高です。野生でそれらを見るのは本当にユニークなものです。

Giant Tortoise Reserve on Santa Cruz Island, Galapagos.

巨大なゾウガメを観察します!

10. ウミガメと泳ぐ

Sea turtle.

ウミガメと一緒にスノーケルができます。

アオウミガメは古代の種です。実際、研究者はこれらのカメが海を泳ぎ、恐竜と一緒に浜辺を歩いたと信じています。

11. 3つの構造プレートの交差点

Fernandina Volcanic Eruption 2018 in Galapagos

火山噴火の様子

島は、太平洋、ココス、ナスカの3つの構造プレートの接合部によって形成されます。その結果、まれにしか発生しない火山活動と信じられないほど多様な風景が見られます。

12. チャールズダーウィンのガラパゴスへの到着

チャールズダーウィンの足跡をたどり、1835年に彼が訪れたのと同じ島や場所を探索します。訪問者は、ガラパゴス国立公園認定の自然主義者ガイドから、自然選択の理論が最初にどのように考案されたかについて学ぶことができます。チャールズダーウィンの記念碑での自撮りもできます!

13.軟体動物の800種と魚の400種以上 

Upwellings in Galapagos islands.

列島のカラフルな湧昇流を体験してください。

海洋生物の愛好家は、カタツムリ、タコ、イカ、カキ、イカなどの膨大な数の軟体動物種と、驚くほど多彩な魚種を高く評価しています。ガラパゴス国立公園でシュノーケリングをするとき、これらの多く見ることができます。

14.”ガラパゴ”という言葉と島の象徴的なカメ

「ガラパゴ」という用語は、「乗馬用サドル」を意味するカスティリャの古い言葉を指します。この巨大なカメの甲羅(甲羅)は確かにに似ていますよね?

Galapágos tortoise.

自然の生息地に生息する象徴的なカメ。

15. 一年中快適な温度をお楽しみください!

島が赤道に近いことを考えると、気温が上昇することを期待しますが、実際にはかなり快適です。島の海岸沿いの海水温は年間を通じて21.7°から25.6°の間で推移しますが、年間を通じて平均気温は26.1°から30°です。

Guests hiking in Fernandina island.

ガラパゴスは一年中ベストシーズンな目的地です!

16.毎年少なくとも79,000の訪問者がガラパゴスクルーズに乗船します。

ガラパゴス諸島では、年間約79,000人の訪問者があらゆる種類の乗船クルーズを利用しています。この人数は米国の典型的なプロのフットボールスタジアムで完売したイベントに参加している人数よりも少ないため、訪問中ほかの人に会うことを期待できますが、心配する必要はありません。ガラパゴス国立公園内の過度に大きな群衆については、サイトの訪問が公園によってスケジュールおよび承認され、適切な許可で登録されているためです。これにより設定された時間内にサイトへの訪問者の数が制限されます。ガラパゴス諸島のピークシーズンは6月から8月、12月中旬から1月中旬です。

Guest and sea lion in the beach.

野生生物との親密な出会いを!

 

また、公園を訪れる際、訪問者はガラパゴス国立公園認定のナチュラリストガイドを同伴する必要があり、公園規則で定められた比率はナチュラリストガイドごとに最大16人の訪問者です。一部のクルーズでは、ガイドごとに平均8〜12人のゲストがいるだけで、さらに良い比率を提供しています。目的地におけ専門家と時間を共有とすることで、「魅惑の島」への旅がどのようなものになるかをよりよく知ることができます。

 

17. 地質は常に流動的

Cerro Brujo San Cristobal.

息を飲むような景色.

18. 最も古い島々は徐々に海に沈んでいきますが、最も若い島々が増えています。

島は、3つの海流が集まる拠点です。赤道、フンボルト、クロムウェル、パナマの海流はこの地域で収束します。このため、ここでの波の作用は予測不可能であり、膨張により水温、透明度、海洋種に多少のばらつきが生じる可能性があります。ガラパゴスの天気は海流にほぼ完全に依存しています。エルニーニョはガラパゴス沖で発生し、海洋環境と陸生環境の両方で、他の海流、天候パターン、食物の入手可能性を変えることができます。

19. 野生動物は人間をほとんど恐れません。

Kid snorkeling in Galapagos.

野生生物の友好的な相棒とお楽しみください。

ガラパゴスでは、自然の捕食者が不足しています。したがって、島で見つかった生き物は、人に対する自然な恐怖がほとんどありません。ガラパゴス国立公園は、動物とその生息地を保護するための重要なルールを確立しています。訪問者は、常に野生動物から2 mの最小安全距離を維持する必要があります。

20.樽のポストにメッセージを残す。


Post Office bay.

フロレアナ島の古い郵便局のあるビーチを訪れます。

18世紀、フロレアーナ島では世界中の様々な捕鯨船に乗船する乗組員が樽を郵便箱として使用していました。この地域はポストオフィスベイとして知られるようになり、今日まで手紙やハガキを残したり受取人に届けることができる場所で、訪問者にとって人気のあるアトラクションです。家族全員を楽しませるエキサイティングで教育的な休暇の機会を探しているならガラパゴス諸島はは正にここです。多くのユニークな種や風景の本拠地である島では、大型船クルーズで島々をめぐり、膨大な量の野生生物を見ることができます。

もっと興味あることを知りたい場合はこちらのページをご覧ください click here for more Galapagos Information.

Blog Reviewed by: Francisco Dousdebés, edited by: José Ayerve
Image Credits: Francisco Dousdebés

Galapagos last minute special deal september 2019

(Visited 42,916 times, 28 visits today)