旅程:バルトロメ島

sea-lion-yacht.jpg

Sea Lion号で行く: バルトロメ島

May 23, 2019 by Isabel Espinoza0

火曜日土曜日に就航します。

—-

ガラパゴスを訪れることは間違いなく、ほかの地域とは全く異なる体験です。デイクルーズ船に乗って、人が住んでいる島のホテルからでも、訪問者がガラパゴス諸島で利用できるすべての散策オプションがたくさんあります。最も遠く離れた島々の訪れた大型船クルーズが最良の選択でしょう。

ただし、島で「自分の時間とスケジュールを管理」したい場合は、「諸島内のホテル」が最適です。ヒント:列島でもっと時間を過ごしたい場合は、デイクルーズとホテルの両方を組み合わせることをお勧めします。島に滞在したい場合は、サンタクルス島にあるフィンチベイガラパゴスホテルをご検討ください。ガラパゴスでの体験をお楽しみください

私たちのExpedition Hotelでは、ガラパゴスでの時間を適切に整理することができます。 BIG15リストを構成する最も象徴的な種の大部分をチェックするか、Sea Lion Yachtで魅力的な旅を楽しむか、または提供されているオプショナルプログラムのいずれかを選択してすべてを処理することから選択します。

それまでの間、私たちのSEA LION号に乗ってバルトロメ島への日帰りツアーがどのようなものかをお読みください。バルトロメ島は間違いなくガラパゴス諸島全体で訪れすべき最も謎めいた素晴らしい島の一つです。Bartolome Island Sea Lion Yacht Experience in the Galapagos


バルトロメ島:この世の世界とは思えぬ体験!

フィンチベイガラパゴスホテルで新しい冒険を体験しましょう!朝起きて、美味しいビュッフェ式朝食で一日をスタートしましょう。朝食は午前6時15分にレストランでお召し上がりいただけます。その後、午前7時頃にホテルから出て、プエルトアヨラに行きます。ヒント:ホテルから出発する前に、必要に応じて船酔い薬を要求できることを忘れないでください。

ホテルから少し歩いた後、フィンチベイの水上タクシーに乗って小さな水路を渡り、プエルトアヨラの桟橋におります。午後7時30分にサンタクルス島の北端にイタバカ海峡に向かうバスに乗車します。子御旅は約45分続くので、高地にある密かなスカレシアの森と豊かな農地を通り過ぎながらリラックスして乗り物と景色を楽しみます。

Highlands in Santa Cruz Island, Galapagos
サンタクルス島のハイランドにて

イタバカ海峡に到着したら、パンガ(ディンギー/ゴムボート)に乗り込み、SEA LION号に向かいます。午前8時30分頃、バルトロメ島に出航します!次の2時間のバルトロメへの旅では、太陽の下でリラックスしたり、景色や私たちと一緒に泳ぐ海洋生物の一部を鑑賞することができます。目を光らせてください!時期によっては、イルカがヨットの途中で泳ぐ可能性があります。

バルトロメ島は間違いなくすべてのガラパゴス諸島の中でも最も印象的な訪問場所の一つです。その地理は冒険者の想像力を魅了せずにはありません。この火山島は長さ約1.2平方キロメートルで標高は114Mです。バルトロメ島に沿って歩くと、その土地を覆う色の広い範囲のおかげで、この世界の外にいるような感覚に襲われます。鮮やかな赤、オレンジ、緑、黒がすべてまざいあって魅惑的で、まるでポストカードのような風景です。島の名前はチャールズダーウィンの友人であり1835年にガラパゴス海を公開した有名な船「HMSビーグル」に乗っていたバーサロメウジェームスサリバン卿(Sir Bartholomew James Sullivan)に由来しています。

View from the highest point of Bartolome Island.
息をのむような美しいバルトロメ島の景観をお楽しみください。

島に到着したら、SEA LION号の「パンガ」(ディンギー)に乗って、バルトロメの海岸に向かい、木製の通路のふもとでドライランディングを行います。島の周囲の景色や植物に浸ることができるように、展望台に沿って通路と階段を上って歩き始めます。最後に、階段の最上部に到達すると、群島全体で最も驚異的なパノラマビューの1つを提供する最終地点に到達します。

その後、同じ通路に戻って、午後12時15分に「パンガ」(ディンギー/ゴムボート)に再び乗り込みます。この「パンガ」は、約30分間続く素敵で爽やかな沿岸探検に連れて行ってくれます。この少しの沿岸探検の後、サリバン湾に到着し、下船(ドライランディング)して、この印象的な溶岩原を徒歩で探索します。

Sullivan Bay at Santiago Island in Galapagos
島の劇的な地理/地質を探索します。

その後、私たちはSEA LION号に戻って休憩を行います。これにより、持ち物の対部分を残して水着に着替えることができます。準備ができたら午後1時20分頃に再度、ガラパゴス全土で最も象徴的あランドマークの1つである巨大なピナクルロックを探索します。ここではシュノーケリングをしながら諸島群の様々な水生生物と緊密な出会いを楽しむことができます。カラフルな魚の群れ、アシカ、さらにはホオジロザメや、ガラパゴスペンギンもここで見つけられます。

午後2時15分頃SEA LION号に戻って昼食をとります。この時点で、ゆったりとくつろいで、快適なヨットの中から、バルトロメ島の印象的な景色を眺めながらリラックスできます。その後、午後3時頃にサンタクルス島に戻ります。

この素晴らしい日帰りツアーをお楽しみください!

留意事項: ガラパゴスデイツアーは気象条件、物流上の理由、お客様の安全、および/またはガラパゴス国立公園の規制により変更される場合があります。