旅程:サウスプラザ島 

sea-lion-yacht-south-plaza-experience-galapagos.jpg

Sea Lion号で行く: サウスプラザ島

 

水曜日*と金曜日*に就航しています。

*注:この記事では、この日帰りツアーの「水曜日」のスケジュールをご案内します。およその移動時間とスケジュールは両方の日でほぼ同じです。唯一の違いは、「水曜日のスケジュールは直接プエルトアヨラに戻ります(到着時間は午後4時20分)」、「金曜日のスケジュールはイタバカチャネルに戻り、その後プエルトにバスで移動します」アヨラ(到着時間は午後4時頃)

—-

ガラパゴス諸島を訪れるにはさまざまな方法がありますが、最大の2つの方法は、ガラパゴスクルーズに乗って指定された旅程を航行すること、または島にホテルに滞在して自分でホテル滞在プランを作ることができる陸上ベースのアプローチです。フィンチベイガラパゴスホテルは後者の選択肢の例の1つで、ガラパゴスでの大半の時間を陸上で過ごしたいと思う人に最適な選択肢を提供します。

当ホテルでは、お客様に一生の一度の目的地での時間を最大限に活用できる冒険的で充実したアクティビティを提供しています。一度このような誇りをもってお勧めできるのはSEA LION号にのって提供する「デイクルーズ」です。このツアーではエキサイティングな近くの島々への旅行にお客様をお連れします。この記事では「サウスプラザ島のデイクルーズ」がどのようなものであるか検討しながらSEA LION号に乗っていくプランをご紹介します。South Plaza Island Sea Lion Yacht Experience in the Galapagos

 

サウスプラザ島がお待ちかね!

エキサイティングな探索の始まりです! 朝食は午前6時半に準備され、ホテルから出発する前に美味しいビュフェ朝食をお楽しみいただけます。終了後、必要なもの(カメラ、帽子、日焼け止めなど)をすべて手に入れて、午前8時15分ごろにホテルから出発します。ちょうど其の頃、プエルトアヨラの街に向かいます。そこから送迎バスに乗りサンタクルス島からイタバカ海峡まで45分移動します。海峡に着いたらSEA LION号に乗り込みます。

イタバカ海峡から、約15分の航海時間で最初のストップサイト:プンタカリオンに向かいます。プンタカリオンに午前10時10分頃に到着したら、シュノーケリング器具を装着して水中に飛び込み、約1時間弱のあいだアクティビティ楽しみます。プンタカリオンは小さな湾で、様々な魚、エイ、そしておそらくホワイトチップリーフシャーク(ネムリブカ)を見ることができます。

Punta Carrion in the Galapagos

その後、SEA LION号に戻り、サウスプラザ島へ向かう途中、午後12時5分頃に到着します。サウスプラザ島に着いたらSEA LION号から下船し、小さなディンギー(パンガ)に乗ってサウスプラザ島の端まで行き、ドライランディングをして上陸します。島に着いたらウォーキングを開始します。

Trails at South Plaza Island in the Galapagos

サウスプラザ島は、サンタクルス島の東海岸からわずか数百メートル離れた2つの小さな三日月形の島の南半分です。北の島(適切な名前はノースプラザ)は、科学目的のみに使用されます。サウスプラザ島は、群島で最も小さな島の1つですが、サイズに惑わされないでください。動植物に関しては、群島で最も豊かな島の1つです。サウスプラザの長さは130メートルで、海洋底の隆起の結果であり、傾斜した卓上品質を実現しています。

ここでの私たちのウォーキングツアーもカラフルな光景を目の当たりにします。両方の島の間を水路のターコイズブルーの海は海岸線を囲む黒い溶岩と見事に対照的です。これらの岩には緑色の海藻が敷き詰められており、しばしば蛍光のサリーライトフットクラブ(オオイワガニ)が生息しています。サウスプラザ島の海岸のさらに上には緋色着色されたようなセスビウム(植物)の多肉植物のカーペットが緑豊かなウチワサボテンのグローブのグランドカバーとして機能します。黄色がかった灰色のリクイグアナがこれらのサボテンの下に座ってずっと、それらのサボテンの実が落ちてくることを辛抱強く待ち、まわりで這っています。Cactus and succulents on South Plaza Island in the Galapagos

ゆっくりと進む道は島の斜面を上っていき、南の海を見下ろす崖に向かいます。ここでは、カモメが巣を作っています。「アカアシネッタイチョウ」、「ナスカ」、「アオアシカツオドリ」もここでよく見られ、風の流れに沿ってゆっくりと滑っています。目線を海に落とすとはたまた、マンタなどの大きな海洋生物を時折発見するのに最適な場所です。

Cliffs at South Plaza Island in the Galapagos

崖の端に平行にめぐるトレイルに沿って歩くと、島の西の角の入り江に突入して打ち込む波の音が徐々に聞こえ始めます。この入り江からこの場所を寝床とした独身の雄アシカに出会うでしょう。楽しい事実:ウスプラザ島の多くの岩にみられる独特で反射的な光沢はアシカが移動する時間の経過とともに摩擦し、毛皮のオイルで磨いた結果です。(体内の脂肪分が擦れ合った結果)

Bachelor sea lion colony at South Plaza Island in the Galapagos

サウスプラザでは、ガラパゴスの象徴的な種のBIG15リストの15のうち6つまでチェックできる可能性が高いでしょう。

Land iguana at South Plaza Island in the Galapagos

散策の終わりに、午後2時ころにSEA LION号に戻ります。ここでは先ほど訪れた島を眺めながらランチを楽しむことができます。午後2時40分にプエルトアヨラ港に戻ります。所要時間は約1時間40分で、午後4時20分頃に到着します。そこに着いたらフィンチベイホテルに戻ります。

サウスプラザ島の滞在時間は 12:00 a.m. to 2:40 p.m.

この素晴らしいデイクルーズツアーをお楽しみいただくことを願っています!

留意事項: ガラパゴスデイツアーは気象条件、物流上の理由、お客様の安全、および/またはガラパゴス国立公園の規制により変更される場合があります

 

Schedule a call