ガラパゴスでダイビング

スキューバダイビング そこには別の世界があります…

魅惑的な惑星において、唯一の場所、それらガラパゴスを囲む水面下です。

ここでは、太平洋の輝く海中では、サメ、ヘビウナギ、ウミガメ、マンタ、アンバージャック、バラクーダ、熱帯魚、イソギンチャク、モアウナギ、タコなどが盛り込まれています。クリスタルの海でダイバーは、好奇心の強いアシカの子供と一緒に遊んだり、海藻と食べたり、泳いでいるウミイグアナ見たり、ハンマーヘッドに囲まれてビックリするようなスリルを体験することがよく報告されています。これは、海洋野生生物の多様性と豊富さでダイバーにとって唯一の宇宙なのです。

 

ガラパゴス国立公園の規則に従って、諸島内のスキューバダイビングには2つの方法しかありません:

・非常に経験豊富なダイバーにとっては、通常7日-10日間の旅程を取るダイビングクルーズを乗船してください。 1日3回好きなだけ潜れます。(土地訪問は許可されていません。)

・居住区のある島々のホテルに滞在し、小さなデイダイビング船で日帰りダイブを楽しみましょう。フィンチベイガラパゴスホテルは、海の生物が好きな方には、数日間のデイダイビング、​​またはクルーズ、デイクルーズの前後に組み合わせるのに理想的な滞在をお約束するホテルです。

 

あなたの仲間がダイビングを希望しない場合は、陸上の動物散策、カヤック、パドルボートなどのに乗ったり、マウンテンバイクに乗ってハイランドを走ったり魅力的なプールやビーチで過ごすなどフィンチベイホテル(Finch Bay)にはたくさんのベスト選択肢を用意しています。

フィンチベイガラパゴスホテルでは、ガラパゴスの最高の気分を味わいながら、安全で楽しい環境でスリル満点のスキューバダイビングを体験することができるPADI設計のプログラムを提供しています。思い出に残る冒険的なダイバーにとって、包括的な水中体験です。ダイビングプログラムには、中央に位置する諸島のほとんどのダイビングサイトが含まれています。

スキューバーダイビングの詳細

<ハイライト>
・ノースシーモア   ・ダフネマイナー
・クインズロック   ・ゴードンロックス

<ダイブサイト>(一つの場所によるダイビング回数):
サンタフェ(2)、ノースシーモア(2)、ダフネマイナー(2)、モスケラ島(2)、ゴードンロックス(2)、クイジーンロック(2)、フロアーナ(2)

注:ダイブサイトは、条件、利用可能性、国家公園の制限または安全上の要求により変更される可能性があります。

 

観察する可能性のある魚の種類について

・エイ:イーグルエイ(トビエイ科)とマンタ、スティングレイ(アカエイ科)
・サメ:ハンマーヘッド、ネムリブカ(white-tipped reef sharks)、ガラパゴスサメ
・ウナギ:ヘビヘビ科(tiger snake eels)、ウツボ(moray eels)、チンアナゴ亜科
・ガラパゴスの巨大なウミガメ
・カマス(Barracuda)、熱帯魚、遠洋性の巨大魚(カジキマグロ、キハダマグロなど)、タコ、カニ、カキ、ヒトデ

固有種の魚:ハナミノカサゴ(scorpionfish)、ゴンべ科の魚(hieroglyphic hawkfish)テンジクダイ科(cardinalfish)..など!

注:全て見られる魚として保証することはできません。

SCUBAの業務は専門家に委託しています。