アクティビティー

Exploration Activities ーガラパゴス散策ー

 


フィンチベイホテル滞在中のアクティビティー

やはりダイナミックに島を散策するにはーデイクルーズーがお勧めです!(6歳以上のご参加可能、終日観光)

訪問先の特徴

Day5 - Island Hoppingノースセイモア島&ラスバーチャス(サンタクルス島サンタクルーズの北岸42km先にあるイタバカ海峡へバスで移動して、 シーライオン(SEA Lion)号のヨットに乗り、ドライランディングにて、砂と丸い岩の混合物上を1.5km 歩きます。リク/ウミイグアナ、ナスカ/アオアシカツオドリ、グンカンドリ、アシカとオットセイに驚かされます。 もう一つのハイライトはラス・バーチャスです。夢のような小さな汽水のラグーンを持つ美しい白い砂浜で、アヒル、フラミンゴなどの様々な動物がいます。 あなたはここで泳ぐまたは、シュノーケリングするチャンスがあります。

 

 

Day5 - Island Hoppingサンタフェ島アカデミー湾のホテルの桟橋からシーライオン号(Sea Lion)に乗ります。ヨットはプエルトアヨラから17海里の印象的な火山島サンタフェまで巡航します。アシカが伸び伸びと寝ている素晴らしい白い砂浜でウェットランディングした後、私たちは島のハイライトを見つけるために岩場を歩いていくと、巨大なサボテンの実と花の下で辛抱強く待っている固有種のサンタフェのリクイグアナが現れます。その他に見られる動物はペリカン、アオアシカツオドリ、群島のトップ捕食者であるガラパゴスノスリです。ヨットに戻って、ガラパゴスの最高のシュノーケリングサイトでアシカと一緒に泳ぎをお楽しみください。クルーズ船に戻ってランチ。プエルト・アヨラに戻るクルーズに際して、私たちは渡り鳥やクジラ、イルカを時々見ることができます。

 

 

Day5 Bartolome Islandバルトロメ島 &サリバンベイ:サンタクルス島の北岸42km先にあるイタバカ海峡へバスで移動し、シーライオン号に乗船し、 21海里の航海を開始します。その移動中にはイルカやクジラがこの水域でよく見られます。ドライランディングの後、1.5km の歩行の開始を示す。歩道の多くは、366歩の階段を持つ木製のトレイルです。途中でバルトロメ島の(海抜150m)の頂上までのいくつかの島々の様子が遠く見渡せます。一度頂上に行くと、ガラパゴスの最も有名な景色のひとつ、すなわち傾いた尖塔の岩ピナクルロックが見られます。バルトロメ島の黄金のビーチ、サンティアゴ島の印象的な溶岩台地が楽しめます。海岸に降りると、華やかなサリー・ライトフット・カニガラパゴスペンギンを探して火山の海岸を見たり、ビーチでゆっくりとした時間を楽しむことができます。クルーズ船上でランチをしたり、近くのサリバン湾を簡単に探索したりして、アヨラ港に戻ります。

 

South-Plazaプラザ島&プンタカリオン(スノーケル) サンタクルーズの北岸42km先にあるイタバカ海峡へバスで移動して、  シーライオン号に乗船します。(日によっては、アカデミー湾からの出航になります)この日は2箇所のハイライトを含みます。そのうちのひとつプンタカリオンとして知られているシュノーケリング/水泳の場所にはトルコブルーの海水が反射して非常に美しい浅瀬です。そして、わずか8海里の距離にあるプラザ島は、到着時するや否や挨拶するかのように驚くべき野生動物の数々が訪問客に衝撃を与えます。赤ちゃんやハーレムを担うオスのアシカ、無数のアカメカモメウミイグアナリクイグアナの間を気を付けながら、赤いカニと様々なダーウィンフィンチが待っています。歩くコースは約1.5km 以上あります。運が良ければウミ/リクイグアナの合いの子”ハイブリッドイグアナ”を見る事が出来るでしょう。

 

デイクルーズ以外でのアクティビティー


Exploration Activities - FBH

スノーケリング
初心者でも経験豊富なスノーケラーでも、すぐにガラパゴスのシュノーケリングに魅了されることは間違いありません。海洋保護区では、世界の他の場所には見られない、珍しい色の魚種、巨大なウミガメ、人を襲わないサメなどを見ることができます。 遊び心のあるアシカと一緒に泳ぐことはもちろん忘れられない経験になるでしょう。ベストスポットのいくつか:ホテル近海、ラスグリエタス、バルトロメ島、ノースセイモア島、サンタフェ島の湾にて
トルトューガベイへのトレッキング
トルトューガベイはサンタクルス島のプエルトアヨラの南西に位置しています。その名前は “カメ”を意味し、島は卵を産む海のカメの好きな場所であるため、この名前が付けられました。ガラパゴス諸島では、美しい白い砂浜が多く見られます。チャールズ・ビンフォード・ストリート(Charles Binford Street)の西端で始まる2キロメートルの道のりが目印となっており、ゲストは国立公園のコントロールポイントにて入る際には”サインイン”と”サインアウト”する必要があります。毎日午前6時から午後6時30分まで営業しています。ダーウィンのフィンチや他の海鳥が沢山生息しており、道沿いには素晴らしい鳥観察があります。そして活発なゲストのために、カヤック、シュノーケル、サーフィンに最適な場所です。
ラスグリエタスへのトレッキング
ラス・グリエタスへの散歩は、フィンチベイホテルから右側へ看板に沿ってマングローブとウチワサボテンに囲まれた道を通って、古い塩鉱山を通り抜けて行くと大地の隙間にサンタクルスの人気スイミング・シュノーケリングスポットであるグリエタスに到着します。 岩の割れ目の間にクリスタルのような水、とハイランドから流れてくる水が太平洋の海からの淡水と混ざり、非常にきれいで、数多くの海洋種を魅了し、暑い日に冷やすのに最適な場所を提供します。
ダーウィン研究所への訪問
ガラパゴス国立公園とチャールズダーウィン研究所の本部はプエルトアヨラの郊外に並んであります。。 一般に公開されている解釈センター(インタープリテーションセンター)があり、また、亀の飼育プログラムを見ることができます。 サンタクルスの高地を探索したり、自然の生息地でカメを見る機会を持たないお客様は、ここでカメを見ることができます。 また、野生動物ですでに見たことがある方には、このユニークで象徴的なガラパゴス動物についての知識を広げる事が出来ます。
ハイランド地区野生のゾウガメ散策
サンタクルスのハイランド地区(高地)には、大きなゾウガメの保護地区があります。 野生では、周辺の植生で草を食べたり、泥の多い池や小さな赤い池(表面の赤い池の雑草で印象的な色)で草を食べている様子を見る事が出来ます。
ガラパテーロビーチへ
ガラパテロ・コーブにあるビーチはすべてのガラパゴスで最高の美しいビーチと考えられています。 私たちは水の中で落ち着きを楽しんでいます。 タンデム式のシット・オン・トップ・カヤックで小さな旅をしましょう。 ビーチに横たわっている。 カモ、サギ、フラミンゴのが生息するラグーンがあります。
アイランドホッピングへ参加
Metropolitan Touringの画期的なプロジェクトでデイクルーズ船では移動できないイサベラ島とバルトら島の間を小型飛行機で移動し、最も快適な宿泊施設を備えた最高のホテルに滞在し、目を奪われて目を覚ますと、まったく新しい感動的な眺めを楽しむことができます。詳しくはこちらのページから

 

リラックスしたアクティビティ


Relaxing Activities - FBH

時々、私たちは休暇となると活発でなければならないと思いがちです。しかし色々な選択肢が選べられる今日では最高の休暇とは、提供されるものの中で自由で、最高のものを楽しむことです。あるいは、両方を組み合わせることもできます。フィンチ・ベイでは、プールラウンジやハンモックに座ったり、私たちの部屋から少し離れたビーチに行き裸足で歩いたり、日光浴をしたりすることができます。バーでカクテルを飲んだり、レストランでおいしい食事を楽しんだり、北半球と南半球の星座が見られる夜空を見上げながらマッサージをしたり、優雅な時間を一日を終わらせましょう。

プエルトアヨラとその他の短い散策

フィンチベイホテルのはサンタクルス島の中心部に位置するため、ラスグリエタス(Las Grietas)への散歩やビーチでの散歩を楽しむことができ、もちろんアヨラ港(Puerto Ayora)の町を探索することができます。小さなカフェ、ブティック、ナイトクラブでは、みんなを楽しませるための小さなものがあります。土曜日に農家の市場では地元の人々の日常生活をチェックしたり、漁師の埠頭を訪問したりできます。銀行、薬局、そして – スクーバダイビングのお客様には

、24/7のハイパーバリアーチャンバーがあることをご存知でしょうか?

・プールでリラックス
・フロントビーチで日光浴・ショートウォーク
・マッサージ
・天体観測

・バルコニーとハンモック
・高級料理に舌鼓
・プエルトアヨラの散策

stroll

アドベンチャーアクティビティ


Adventure Activities - FBH

スキューバダイビング
あなたは水の下に何があるかを見るまでガラパゴスを満喫したとは言えません。!ガラパゴスの海洋資源の素晴らしさは世界クラスであり、完全にユニークであると噂されています。

フィンチベイホテルでは、安全で楽しい環境の中で、スワビダイビングの体験を楽しむことができるPADI設計のプログラムを提供しています。このダイビングパッケージは、プロダイバーがガラパゴスの海洋を見るための最高の内容であるためにプログラムされました。冒険的なダイバー達の忘れがたい思い出となるために包括的なダイビング体験が可能となりました。中央島内のほとんどのダイビングサイトが含まれているので、このパッケージは完全に見どころを網羅する内容になります。

ハイライト:ダーウィン・マイナー、クインズ・ロック、そしていつものゴードン・ロックスなどがあります。

ダイブサイト(サイトごとのダイビング数):
サンタフェ(2)、ノースシーモア(2)、ダフネマイナー(2)、モスケラ島(2)、ゴードンロックス(2)、クインズロック(2)、フロアレア(2)注:潜水場所は、海の状態、空室状況、国立公園の制限または安全要件によって変更される場合があります

観察される種:
ガラパゴス海洋保護区で見つかる他の海洋生物の中には、大きなガラパゴスウナギのコロニー、ウミガメ、エイ、イサキの仲間、ギンガメアジ、、および大群のスナッパー等。また、サメ、ヘビウナギ、ウミガメ、マンタ、アンバージャック、バラクーダも頻繁に観察されています。そして、しばしば、私たちは海岸に住む多くのアシカと遊んで、熱帯魚、海綿、イソギンチャクジ、モヤマメ、タコなどを観察します。

レイズ:イーグルとマンタレイズ、スティングレイ
サメ:ハンマーヘッド、白く削られたリーフサメ、ガラパゴスサメ、
ウナギ:タイガー・スネーク・ウナギ、モレイ・ウナギ、ガーデン・ウナギ、
ガラパゴス巨大な海亀
バラクーダ、熱帯魚、大型魚、タコなど
カニ、カキ、ヒトデ:ㇷさカサゴ科の魚、ジャイアントハワイ、プテラポゴン・カウデルニィー等々..
注:海洋生物の遭遇は保証されません。

カヤッキング
海洋保護地区の水辺を漕ぐことは、運動として、またはユニークな固有の野生動物を見つけるのに最適です。 鳥は島の端や崖に立っていたり毛づくろいをしています。アシカとその子アシカはビーチで数メートル間隔で休んでいます。トルトューガベイ (Tortuga Bay)、ガラパテーロ(Garrapatero)ビーチ、ディバインベイ(Divine Bay)、アレマーネス海岸(Playa de los Alemanes)など、カヤックの好きなスポットもあります。
ハイキング
100年前と同じ状態である火山活動によって形成された異次元であるかのうな風景を探索してください。 ガラパゴスのハイキングは、島々から島にかけて異なり、訪問者にはまだ手つかずの大自然のなかで地質学についての内容を学び、島の野生動植物の生育を間近に感じ得ることができます。
サーフィング
トルトューガベイ(Tortuga Bay)は、サーフィンのテクニックを学ぶのに素晴らしい機会を提供します。初めての方も学ぶこともできます。 国際的に認知されているサーフマグネットで、壮大な白い砂浜のビーチがあり、グラウンド・スウェルからサーフし、左と右の両方で休憩する場所があります。 岩、保護された海洋生物、カメ、サメ、およびエイに注意してください。 そして、ビーチとの間の散歩は、それ自体が非常に特別なものです。

サイクリング
サンタクルス島にはサイクリングを楽しむには素晴らしく適した場所があります。:美しい景色、交通量の少ない、ユニークな動物が道の両側でみられます。下り坂が簡単なので、バードウォッチングの機会を利用してビーチへ簡単に歩くことができます。ぜひファミリーで素晴らしい時をお過ごしください。 

 

Hiking