ガラパゴスの一般情報

        と島々の特徴

Galapagos Cruises and Galapagos Tours with Metropolitan Touring

ガラパゴス入島に必要な事

エクアドル本土からの往復往復切符 チケット

ガラパゴスの恒久的または一時的な居住者からの予約(ホテルまたはクルーズ)
有効期限6ヶ月のパスポート ãƒ‘スポート

税金、航空会社、空港、通貨
税金:トランジットコントロールカード($20)とガラパゴス国立公園入島税($100)2018年1月現在
航空:Latam、Tame、Avianca
空港:シーモア(バルトラ島)/サンクリストバル(サンクリストバル島)
通貨:米ドル【お金のイラスト】1ドル札(1$紙幣)
ガラパゴス国立公園のルール
・指定されたトレイル内を歩くことは重要です。動物を妨害したり、自然の植物や岩石を取り除いたりしないでください。島に、または島から島に生き物を持ち運んではいけません。
・野生動物に接近せず、常にナチュラリストガイドに従ってください。
・特にペットボトルから動物を餌・見ずを与えないでください。
・動物の休息や巣の場所に近づかないでください。
・喫煙は厳重に禁止されています。
・携帯および衛星電話の使用は、散策の最中は禁止されています。
・ガラパゴスの自然種から作られた商品を購入しないでください(木製品を除く)
・ガラパゴスの環境保全は全員の責任の一部です。私たちの保全プログラムについてお気軽にお問い合わせください。
パッキングリスト

小さなバックパック(防水・散策用)
快適な歩行靴
ラバーソールや “Teva”タイプのサンダル付きスニーカー
ショーツ
ロングパンツ
Tシャツ
長袖シャツと半袖シャツ
ウィンドブレーカー
水着 – 寒い月にシュノーケリングのためのウェットスーツをお勧めします
靴下
帽子またはキャップ
トイレットキット(生分解性)
サングラス
双眼鏡
カメラ&ビデオレコーダー
あなたが服用している可能性のある薬
ブック/ノートブック
電気機器の充電器
緊急連絡先情報
プラグアダプター
パスポート

旅行の準備が完成

 

【ガラパゴスの島々の説明】

Bartolome Island

近隣のサンチアゴ(ジェームス)島の隣に大きな眺めと野生動物が生息する非常に小さな島。 島の最も撮影された景色、有名なピナクルロックと岩礁と遠い島々がここから眺められます。 木製の階段を使って、台地に自体に物理的なダメージを加えずに、徐々にこの大きな島の頂上へと上がることができます。 この小さな島は、たくさんの魅力的なアクティビティーが備わっています。

野生生物のハイライト:若い島であるため、パイオニア種はここで定着し、繁栄することができました。 地質と風景は魅力的です。 ピナクル・ロックは風光明媚な写真のスポットです。

訪問スポット:バルトロメ島海岸

Chinese Hat

約1平方キロメートル未満の小さな島であるチャイニーズハットは、中国の帽子のような外観からその名前が付けられています。 海岸の回りを歩くと、ウミイグアナ、ヨウガントカゲ、サリーライトフットカニと一緒にアメリカンミヤコドリを垣間見ることができます。 三日月形の白い砂浜から出発して、この400メートルの長いトレイルは素晴らしい風景が望めます。 白い尖ったサンゴ礁や熱帯魚の中で、コブ地域では数々の優れた水泳やシュノーケリングの機会があります。

 

Española Island (Hood)

絶滅のおそれのある崖側の風景と圧倒的な野生生物の多様性を備えた、最も南東の島です。

野生生物のハイライト:ガラパゴスのライオン、ヨウガントカゲ、ナスカカツオドリ、アオアシカツオドリ、カラフルなウミイグアナ、ダーウィンのフィンチ、キイロムシクイ。

ユニークな特徴:アオアシカツオドリの最大のコロニー、ガラパゴスアホウドリ(4月〜12月)、エスパノーラへの猛禽とヨウガントカゲ、有名な “潮吹き岩ブローホール”のような興味深い地質学的形成。

訪問スポット:プンタスアレスとガードナーベイ

 

Fernandina Island (Narborough)

すべての島の中で最西にあり最も若い島です。 この大規模な大規模な火山は、噴気路や地震過程を通じた連続的な火山活動の本拠地です。 時折、噴火も目撃されることがあります。 最近の噴火は2017 年5月に発生しました!野生生物のハイライト:ウミイグアナ、アシカ、飛んでいない鵜コバネウとペンギンの巣のコロニー、ガラパゴスヘビ、引き潮時に溜まったプールではアシカの赤ちゃんが泳ぎを練習する姿が見られます。。

ユニークな特徴:フェルナンディナ島は、外部から持ち込まれた哺乳類が存在しないため、世界で最も若い島(ピュアな島)の1つとして評価されています。驚くべき近年の黒い溶岩の流れは、 “パホエホエ”と “アア”溶岩の両方の特徴をもってます。藻類を食べ、世界で唯一泳ぐことのできるウミイグアナの驚くべき眺めを見ることができます。訪問サイト:プンタエスピノーサ

 

Floreana Island (Charles o Santa María)

諸島の南部に位置し、幾つかの噴火の後(コーン)が点在する島です。それほど遠くない過去に長期的かつ連続的な火山活動が行われた証拠でもあります。

野生生物のハイライト:ラグーンの鳥(ウミガメ、アヒル、フラミンゴ)、ウミガメとエイ(季節性)、ガラパゴスのマネシツグミ。

ユニークな機能:火山性の幾つものコーン、大きなフラミンゴ、固有種のフロレアーナ島マネシツグミ、スカレシア(植物)、パウダーサンドのビーチ、素晴らしいシュノーケリングスポット。 島の郵便システムと人間の歴史。訪問サイト:プンタコルモラン、ポストオフィスベイ、チャンピオン岩礁、バロネスコーブ。

 

Genovesa Island (Tower)

馬蹄形の島には火山カルデラがあり、その壁は崩壊し、崖で囲まれた大きなダーウィン湾を形成しています。 ヘノベサ島には過去の噴火は知られていませんが、火山の側面には若い溶岩流があります。 この島は”鳥の島”として知られています。なぜなら、ここに大規模で多様な鳥のコロニーが巣立っているからです。

野生生物のハイライト:ナスカカツオドリ、アカアシカツオドリ、ノーディー、岸壁にいるネッタイチョウ、トロピカルバード、ツバメ、グンカンドリのコロニー。 ガラパゴスアシカとガラパゴスオットセイ。

ユニークな特徴:最も海鳥の多様性:カツオドリ、グンカンドリ、短耳のフクロウなど、ウチワサボテンと “パロサント”の森林からの “棘がない”梨状のサボテンなどの興味深い植生がみられます。

訪問サイト:ダーウィン湾、プリンスフィリップスステップス

 

Isabela Island (Albermarle)

ガラパゴス諸島の西部にある諸島でタツノオトシゴの様な形をしています。諸島内最大の大きさを誇り1つの島に(エクアドル、ウルフ、ダーウィン、アルセド、シエラネグラ、セロアズル)に溶けた6つの大きな火山でできています。 ガラパゴスの最高点は、ウルフ火山(1,707 m、5,600フィート)にあります。

野生生物のハイライト:ガラパゴスペンギン、コバネウ(鵜)、ウミガメ、ウミイグアナ、火山の風景。

訪問サイト:プンタビセンテロカ、ウルビーナベイ、ターグスコーブ。

 

North Seymour

小さな島ですが、地質的な隆起から生まれ、典型的な乾燥した植生で覆われた興味深い生き物と景観が満載です。 主に低いウチワサボテンと「パロ・サント」の木です。

野生生物のハイライト:壮大で偉大なグンカンドリ、アカメカモメ、アオアシカツオドリのコロニー。 ガラパゴスアシカとウミイグアナのコロニーが多く見られます。

ユニークな特記すべきこと:リクイグアナ、海岸に沿って白い珊瑚、固有種の “パロサント”

訪問スポット:散歩の半分は平らでビーチに沿って歩いていて、残りの半分は岩が多く、岩が多い。 歩き易い運動靴が必要です。 条件が許せばシュノーケリングが可能です

 

Plazas Sur Islands (South Plaza)

サウスプラザはサンタクルス島の東海岸の小さな島で、イスラス・プラザと呼ばれる2つの島の一部を形成しています。 火山活動ではなく、海底の隆起によって形成された。 それはガラパゴスの生き物と美しい風景の素晴らしい生態系を見ることができます。

野生生物のハイライト:アカメカモメ、ネッタイチョウ、ガラパゴスのリクイグアナ。

ユニークな特徴:この島は、海底から溶岩が流れ出て形成されました。 その小さなサイズにもかかわらず、それは種の数が多いとそれはその特別な植物のために有名です。 非常に魅力的なのは、美しいウチワサボテンの木です。もちろん、季節によっては植生が影響され、絨毯のように見える一面のセスビウムが雨期の強い緑色から乾期のオレンジ色や紫色に変化します。

 

Rábida (Jervis)

ラビダ島は西側の湧昇流 – 海流にさらされた小さな中央島です。 ラビダの印象的な明瞭な赤色は、鉄が豊富な火山材料の酸化によるものです。 素晴らしいシュノーケリングポイントでもあります。

野生生物のハイライト:アシカのコロニー、褐色ペリカン、ダーウィンフィンチ、マネシツグミ、ガラパゴスハト、ベニタイランチョウ、沿岸および乾燥地帯の植生。

ユニークな機能:カッショクペリカンの季節的な巣のコロニー、優れたシュノーケリングサイト。

訪問サイト:レッドビーチ

 

San Cristobal Island (Catham)

ガラパゴス最東端にある最大の島のひとつ。プエルトバケリソモレーノは小さな町で、ガラパゴス州の首都です。 その空港は本土につながる2つの空港の一つです。

野生生物のハイライト:ガラパゴスアシカ、ダーウィンフィンチ、ウミイグアナ、ヨウガントカゲ、巨大なゾウガメのコロニー。

ユニークな特徴:サンクリストマネシツグミ、サンクリストバルのヨウガントカゲ、サンゴのビーチ、エルジャンク(ガラパゴスの唯一の永続的な淡水ラグーン)。

訪問サイト:ガラパゲーラ、セロブルーホ、プンタピット、ティヘリータス(フリゲートヒル)、インタープリテーションセンター。

Santa Cruz Islands (Indefatigable)

諸島内に2番目に大きい島で、7つの植生地帯が広がりました。 最大の人口はこの島であり、主に群島の中で最大の町プエルト・アヨラに住んでいます。 銀行、ATM機、お土産、芸術、レストラン、バーなど、多くの都市の特徴があります。

野生動物のハイライト:ダーウィンフィンチ、巨大なゾウガメ、ガラパゴスマネシツグミ、アシカ、フライキャッチャー、サギ、アヒル、

チャールズ・ダーウィン研究所の巨大なゾウガメ、スカレシア属の巨大なデイジー・ツリー、ハイキング、 スキューバダイビング、マウンテンバイク、カヤックなど。

訪問サイト:チャールズダーウィン研究所、高地と巨大なゾウガメ保護区、ロスへメロス(陥没穴)、セロドラゴン(ドラゴンヒル)、バイアバジェーナ、ラスバ―チャスビーチ

 

Santa Fe slands (Barrington)

サンタフェ島は群島の中心にある小さな島です。 研究によると、サンタフェ島は最古のガラパゴス火山であり、390万年前の地下岩石があります。 島の植生はパロサントの木と多種多様なサボテンであるOpuntia echiosによって特徴付けられています。 訪問者のサイトは、島の北東側の美しいバリントンベイにある湿地です。 湾のターコイズブルーの海には、数多くのアシカが見られます。

野生生物のハイライト:アシカのコロニー、ダーウィンフィンチ、サンタフェのリクイグアナ、巨大なウチワサボテン、ガラパゴスノスリ(鷹)

ユニークな特徴:大型のウチワサボテンの森林、世界ではユニークな種のリクイグアナ(Conolophus pallidus)が生息しています。 それは最も美しい湾の1つ、シュノーケリングのための理想的な場所を持っています。

 

Santiago Islands James

このサンチアゴ島の火山は、丘、谷、たくさんの側火山がある山岳地帯のように見えます。エクアドルの人々が1960年代に塩鉱業関連の事業にここで定着しました。島は現在無人で、プエルト・エガースでは岩の多い海岸線に沿って、濃い黒色の砂浜、そしてサリバン湾では魅力的な溶岩が見られます。

野生生物のハイライト:最も多様な鳥の活動がここにあります。ガラパゴスオットセイ、ガラパゴスアシカガラパゴスノスリ、ダーウィンフィンチ、マネシツグミ、ウミイグアナ。

ユニークな特徴:凝灰岩でよく腐食された凝灰岩でできた海岸線は、暗い黒色の溶岩の流れの上にあります。そのような凝灰岩は、おそらく、ベース・サージを含む巨大な物理的爆発(水とマグマの急激な接触)の結果であったと考えられます。実際の海岸線の中で、最も信じられないほどの生きものたちが、ガラパゴスオットセイの横に潮間で生息しています。

訪問スポット:サリバンベイ、エーガス港。