ガラパゴスの気候

気候と天気

ガラパゴス諸島の天気の季節は、それらを取り巻く海流の影響によって大きく左右されるように、定義されています。

 <ホットシーズン>暑い季節つまり乾季は12月に始まり、5月まで徐々に働いています。パナマ暖流から海流が島に強く影響するため、島内の環境は本当に熱帯です。海の波は一般的に落ち着いており、時には熱帯の雨が降り、島が緑豊かになります。気温は暑くて湿っていて、26ºC〜30ºCの範囲で、水温は平均で26ºCです。水中の視界は一般的に20-25メートルくらいで非常に良いです。これは、スイマーやシュノーケラーが真の熱帯環境を経験する時でもあります。日々は晴れて暑いです。このような状況のため、私たちの散策の活動は、野生生物がそれほど活発でない一日の最も暑い時間に歩くことを避けるように設定され、プログラムが組まれています。

まとめ:船揺れにくい-非常に暑いー時々一時的に強い雨ー植物が芽吹くー陸上の動物が活発(交尾/求愛などが盛ん)ー快適なスノーケルシーズン

 

<ドライシーズン>6月から11月にかけて、この熱帯の楽園で砂漠の様な気候が広がります。東南からの貿易風が冷たい海流がガラパゴス一体に押し込むと、蒸発が減少し、これは昼間を通して雲の薄い層を形成します。これはドライシーズンとして知られています。ここでは、強い風が原因で海がより多くの波動を示すようになります。雨がほとんどないという事実は、熱帯雨林の中で最も乾燥した場所になっています。海水温は20ºC-23ºCに低下し、気温は23ºC-26ºCです。強い風のために、午後の散歩やデッキの航行時間に風冷係数を考慮する必要があります。ほとんどの水泳は正午の午後に行われますが、スノーケリングをする人はこの季節にウェットスーツを使用することをお勧めします

まとめ:波が高くコースによっては船が揺れるー散策には快適な気候ー海水温が冷たいープランクトンが多く海鳥が活発ー海鳥の求愛が活発ー青空が多い-クジラが見られる時期

 

ガラパゴスの天気に関しては、確かに一つのことです:悪天候はこれまでありません。島に戻ることを計画している多くのお客様へのアドバイスは、最初の航海とは異なる時期に行うことです。それから、あなたはもう一つの観点から島々を見て、より多くの魅力的な驚きをもたらすでしょう。

 

ブログ:エクアドル旅行のベストシーズンは?