ガラパゴス:人気の島々


ガラパゴスで訪問人気Top 3の島々

*ガラパゴスに従事するガラパゴスのエキスパート、チーフナチュラリストガイド、ナチュラリストガイド、お客様のアンケートより.

#1: エスパニョーラ島(Española Island)

Española Island

Española Island

Size: 60 km2 (23 mi2)
Altitude: 206 m (676 ft)
Coordinates: -1.355524, -89.663035
Estimated Age: 4 million years old. Española is the oldest island still in existence.
British Name: Hood
訪問サイ:プンタスアレス、ガードナーベイ

ハイライト:

  • ・圧倒的な野生生物の多様性
    ・劇的な崖からなる素晴らしい海岸線
    ・アオアシカツオドリの最大の営巣コロニー
    ・ガラパゴスアホウドリのコロニーがある唯一の島
    ・海の「汐吹岩(ブローホール)」地層
    ・15のうち7ガラパゴスBIG15野生生物:ガラパゴスアホウドリ(あなたがそれらを見ることができる唯一の島です!)、ガラパゴスアシカ、ナスカブービー、シロアカサギ、グンカンドリ(オオグンカンドリとアメリカングンカンドリ)、ガラパゴスノスリ(鷹)、ウミイグアナ

このガラパゴスの野生生物の生息する偉大なる中央駅という考えでみてみましょう。 群島の南部地域に位置するエスパニョーラ(Española)は、その多様性と生き物の数が多いため、非常に人気のある旅行先です。 平らで乾いた地形の上には、島にはたくさんの象徴的な種が生息しています。

知っておくと楽しい事実(Fun Fact):エスパニョーラ島(Española)は1835年にチャールズダーウィンが乗った ビーグル号(HMS Beagle )が最初に寄港下した島です。(ただ、上陸はしていません)
エスパニョーラ島を訪問するクルーズ:(東側コース) Eastern Galapagos itinerary  (サンタクルス II Galapagos Cruise), (南側コース)Southern Galapagos itinerary (イサベラ II), and (東側コース)Eastern Galapagos itinerary  (ピンタ号).

#2: フェルナンディーナ島(Fernandina Island)

Fernandina Island

Fernandina Island

Size: 642 km2 (248 mi2)
Altitude: 1,476 metres (4,842 feet)
Coordinates: -0.280570, -91.438135
Estimated Age: Geologists estimate between 80,000 – 800,000 years old. Fernandina is geologically the youngest of all the Galapagos islands.
British Name: Narborough
訪問サイト:プンタエスピノーサ(Punta Espinosa)
ハイライト:

  • ・一番若い島(地質学的に見て)
    ・シュールな火山の風景
    ・繰り返される火山活動
    ・BIG15のうち7種:コバネウ、ウミイグアナ、ガラパゴスペンギン、アシカ、アシカ、ガラパゴスアシカ、ガラパゴスオットセイ、およびガラパゴスイグアナ
  • この島の比較的新鮮な地形は、地形を抽象的なストロークと黒い火成岩の渦で描いた最近の溶岩流の火山性のキャンバスと言われます。 この超現実的な風景の中に散らばっているのは、岩のように見えるものに囲まれた半カラフルな溶岩サボテンの塊です。

この島に一歩踏み入れると、何十、何百というウミイグアナが存在することがわかります。
島のほぼ正確な中心を固定しているのがラクンブレ火山です。それは、ほぼ完全に流動的な溶岩流から作られたシールド火山です。 この活発な巨大は約1,475メートル、全体の群島の中で最も活発な火山であります。

フェルナンディーナ島を訪問するクルーズ船:(西側コース)Western Galapagos (サンタクルス II Galapagos Cruise), (北側コース)Northern Galapagos (イサベラII号), and (西側コース)Western Galapagos (ピンタ号) itineraries.

#3: ヘノベサ島(Genovesa Island)

Genovesa Island

Genovesa Island

Size: 14 km2 (8.5 mi2)
Altitude: 64 m (209 ft)
Coordinates: 0.316142, -89.962869
Estimated Age: 2 million years old
British Name: Tower
Visitor Sites: Darwin Bay, Prince Philip’s Steps
Highlights:

  • ・比較的若い溶岩が陥没してできた島と言われています。
    ・ここに巣を作る大きくて多様な鳥のコロニーがあり「鳥の島」としての評判
    ・BIG15中:ガラパゴスアシア、ガラパゴスオットセイ、ナスカカツオドリ、グンカンドリ、アカアシカツオドリ、ウミイグアナ

ヘノベサ島はガラパゴス群島の北部地域で一般の多くの方が訪れることができる数少ない島の1つで、ガラパゴスのすべてのクルーズ船がここに行くわけではありません。 そこに行くクルーズ船(メトロポリタンツーリングのような!)は、それが存在する膨大な数の鳥だけでなく、目の前の他の世界の風景となると彼らのゲストに素晴らしい経験を提供します。 ヘノベサ島は群島全体で唯一の沈没クレータで、船が出航して停泊することができます。

ヘノベサ島を訪問するクルーズ船: (北側コース)Northern Galapagos itinerary (for the サンタクルス II Small Cruise Ship), (北側コース)Northern Galapagos itinerary (for the イサベラII), and (北側コース)Northern Galapagos itinerary (for the ピンタ号).

惜しい!でもベストガラパゴス諸島に入れずにはいられない島

ノースセイモア島(North Seymour Island)

North Seymour Island

North Seymour Island

Size: 1.9km2 (0.73 mi2)
Altitude: 28 metres (92 ft)
Coordinates: -0.397352, -90.285394
Estimated Age: 1.3 million years old
British Name: North Seymour Island
Visitor Sites: Trail through colonies of frigatebirds and blue-footed boobies

ハイライト:

  • ・グンカンドリ&アオアシカツオドリの大きなコロニー
  • ・時期に応じて鳥たちの求愛、子育て行為の見られる島
  • ・BIG15のうち7種:リクイグアナ,ウミイグアナ,グンカンドリ (オオグンカンドリ and アメリカングンカンドリ,ガラパゴスオットセイ,ガラパゴスアシカ,アオアシカツオドリ,ナスカカツオドリ

小さいながらも驚きがいっぱい! これがノースセイモア島の一言で言う説明です。 この島では、グンカンドリの巣作りエリア(アメリカンとオオグンカン)を通ってトレイルを歩きます。さらに、あなたの旅行の間に見る機会を得ることができる最も大きいコロニーのうちの1つでアオアシカツオドリの出入りを垣間見ることができます。 どこを見ても、野生生物はあなたの周りを歩き回っています。 群島のエネルギーを感じること間違いないです。ノースセイモア島は火山活動ではなく、水中の隆起によって形成されました。

ノースセイモア島を訪問するクルーズ船(東側コース) itinerary aboard the サンタクルスⅡ号(Santa Cruz II), (西側コース)Western Galapagositinerary aboard ピンタ号(Yacht La Pinta), 中央コース(Central Galapagos) itinerary aboard イサベラⅡ号.

サウスプラザ島(South Plaza Island)

South Plaza Island

South Plaza Island

Size: 130 m2 (.08 mi2)
Altitude: 23 m (75 ft)
Coordinates: -0.584264, -90.160794
Estimated Age: 1-2 million years
British Name: N/A

ハイライト:

  • ・島の大部分は枕状溶岩で出来ています。(溶岩が海面下で流れ冷却している)
    ・それほど大きい島でもないのにかかわらず、多くの種と動物相の並外れた生息地です
    ・群島全体で最大のガラパゴスアシカのコロニーの本拠地
    ・リクイグアナの大きなコロニー
    ・BIG15のうち6種:ガラパゴスアシカ、リクイグアナ、ウミイグアナ、グンカンドリ、アオアシカツオドリ、ナスカカツオドリ

サンタクルス島の東側に2つの牙のように並んで位置しています。ノースプラザとサウスプラザはかなり小さな島かもしれませんが、それらはまだいくつかの醍醐味を詰め込んでいます。 ノースプラザ島は訪問者に解放されていませんが、南の島は素晴らしい小さなトレイルにそってサウスプラザ島のの北岸に到着するでしょう。そこではこの部分を移動するアシカの油分によって磨かれた白い岩から成りアカメカモメ、ウミ/リクイグアナの生息域も見られます。サウスプラザのトレイルでは、雄大な動物相(オオバコサボテンが含まれています)を最大の見どころです。サウスプラザは海底の隆起によって形成されました。

サウスプラザ島に訪問できるクルーズ船東側コースEastern Galapagos itinerary aboard the サンタクルスII号, 東側コースEastern Galapagositinerary aboard Yacht Laピンタ号, and 中央コースCentral Galapagos itinerary aboard イサベラⅡ号.

イサベラ島(Isabela Island)

Isabela Island

Isabela Island

Size: 4,588 km2 (2,850 mi2)
Altitude: 1,707 m (5,600 ft)
Percent of island populated: 0.78%
Population: 3,568
Coordinates: -0.944888, -90.966880
Estimated Age: Approximately 1 million years old
British Name: Albemarle
訪問サイト: プンタビセンテロカ(Punta Vicente Roca),ウルビーナベイ( Urbina Bay, Tagus Cove),プンタモレーノ( Punta Moreno),エリザベスベイ( Elizabeth Bay),シエラネグラ( Sierra Negra*),涙の壁( Wall of Tears*),ティントレーラ( Tintoreras*),プエルトビジャミル( Puerto Villamil*)
*Only available on island-to-island hopping programs

ハイライト:

  • ・諸島内最も大きな島
  • ・時々火山活動あり
  • ・BIG15のうち11種:アオアシカツオドリ、ウミイグアナ、ガラパゴスアシカ、ガラパゴスオットセイ、ナスカカツオドリ、ガラパゴスペンギン、コバネウ、リクイグアナ、ガラパゴスノスリ、グンカンドリ、ガラパゴスゾウガメ

イサベラ島は、群島全体で最大の島であり、ガラパゴスで最も小さい居住区を持つ島でもあります。世界で最も大きいクレータの1つがあります。 人的な歴史を持つ島でもある悲しい”涙の壁”などがこの独特です。イサベラ島は目に見えるすべてのものを超えた方法で訪問者を魅了します。 島自体は、互いに融合した6つの火山の集大成です。これらは、Alcedo、Cerro Azul、Darwin、Ecuador、Sierra Negra、およびWolfです。 これらのうち4つはまだ散発的な活動の兆候を示しています(ウルフ、セロアズール、アルセド、シエラネグラ)。

イサベラ島に訪問するクルーズ: 西側コースWestern Galapagos itinerary aboard the サンタクルス II.  西側コースWestern Galapagositinerary aboard ピンタ号, and , 北側コースNorthern Galapagos itinerary aboard Yacht イサベラ II.

 

サンチアゴ島(Santiago Island)

Santiago Island

Santiago Island

Size: 226 km2 (558 mi2)
Altitude: 906 m (2975 ft)
Coordinates: -0.259206, -90.840487
Estimated Age: Approximately 1 million years old, with lava flows that are around 100 years old and still forming on the southern part of the island
British Name: James
訪問サイト: エーガス港(Puerto Egas),サリバンベイ( Sullivan Bay),ブッカナーコーブ( Buccaneer Cove)

ハイライト:

  • ・年代の異なる火山層。 地質学、火山学に関心のある人々にとっての特別な関心のポイント。 島の一部はとても若く(Sullivan Bay)、対照的に一部はとても古いです。
    ・シギの多様な表示
    ・珍しいガラパゴスオットセイを見る可能性が高い
  • ・BIG15の中で6種:ガラパゴスアシカ、ガラパゴスオットセイ、ウミイグアナ、アオアシカツオドリ、ナスカカツオドリ、グンカンドリ

このかつての大きな盾状の火山は、丘、谷、そしてたくさんの側火山のある山脈のように見えます。 凝灰岩でできた頑丈で浸食された海岸線は、溶岩流の黒い帯の上にあります。 サンティアゴ島には、考古学的な遺跡としての役割を果たしているが、その最近の過去の残骸が残っています。 これらの残骸の大部分は、産業が倒産するまで、しばらくの間島に住んでいた元塩鉱山労働者たちによって島全体に置き去りにされました。
かのチャールズ・ダーウィンは彼の(短い)時間の大部分をバッカニアコーブの群島で過ごしました。

サンチアゴ島を訪問するコースNorthern Galapagos itinerary aboard the Santa Cruz II, Northern Galapagositinerary aboard Yacht La Pinta, and Central Galapagos itinerary aboard Yacht Isabela II.

 

バルトロメ島(Bartolome Island)

Bartolome Island

Bartolome Island

Size: 1.2 km2 (0.5 mi2)
Altitude: 114 m (374 ft)
Coordinates: -0.284136, -90.549907
Estimated Age: Approximately 2 million years old
British Name: Bartholomew
訪問サイト: ビーチ、丘からの景色

ハイライト:

  • ・“ポストカードの様な島” – 風光明媚な景色
  • ・有名なピナクルロック
  • ・BIG15中5種: ガラパゴスペンギン、ガラパゴスアシカ、ガラパゴスノスリ、ウミイグアナ、グンカンドリ

この島はいくつかの理由で有名です。そのうちの1つは「ピナクルロック」として知られている空に突き出ている生の地球の記念碑的で象徴的なタワーです。 (半島の反対側のビーチもそうですが)シュノーケリングをするのに最高の海水。バルトロメの大きな火山の円錐形の丘の側面を木製の階段を上りきって行くと周囲の素晴らしい景色を一望できます。

バルトロメ島を訪問するクルーズコースNorthern Galapagos itinerary aboard the Santa Cruz II, Northern Galapagositinerary aboard Yacht La Pinta, and Central Galapagos itinerary aboard Yacht Isabela II.

 

ソンブレロチーノ(Sombrero Chino Island (Chinese Hat)

Sombrero Chino Islet

Sombrero Chino Islet

Size: 0,208 km² (0,0803 mi)
Altitude: 50 m (5.3 ft)
Coordinates: -0.370495, -90.583278
Estimated Age: Approximately 1 million years old

ハイライト:

  • ・素晴らしい景色の400m のトレイル
  • ・美しい白砂浜
  • ・ネムリブカ(サメ)と熱帯魚、アシカ、ペンギンと泳ぐことのできるチャンスがあります。
  • ・BIG15中4種:ウミイグアナ、ガラパゴスアシカ、ガラパゴスペンギン、ガラパゴスノスリ

このかわいらしい小さな砂丘は、美しい月の形をした白い砂浜があり、400mのトレイルに沿って爽快なハイキングを楽しんだ後は、水泳やシュノーケリングに最適です。 いくつかの素晴らしい景色を楽しみ、火山活動がこの素晴らしい群島をどのように形作ったかについて想像してみてください。

ソンブレロチーノを訪問するクルーズコースNorthern Galapagos itinerary aboard Yacht La Pinta.

 

サンタフェ島(Santa Fe Island)

Santa Fe Island

Santa Fe Island

Size: 24 km2 (9.3 mi2)
Altitude: 260 m (850 ft)
Coordinates: -0.806916, -90.062273
Estimated Age: Approximately 4 million years
British Name: Barrington Island

ハイライト:

  • ・サンタフェ島固有種のサンタフェ島リクイグアナが生息
  • ・ギネスに載ったと言うほどの大きなウチワサボテン群が自生しています。
  • ・トルコ色の水と言われるビーチの景色
  • ・BIG15中7種:サンタフェ島リクイグアナ、ガラパゴスノスリ、アオアシカツオドリ、ガラパゴスアシカ、グンカンドリ、ウミイグアナ、ナスカカツオドリ

ユニークで特別なモノは何か? サンタフェ島は、淡い色のサンタフェのリクイグアナのコロニーで訪問者を喜ばせてくれます。 荷物を降ろしたいお客様は、ターコイズブルーの湾の砂浜沿いのアシカのそばでリラックスできます。 研究によると、サンタフェ島は最も古いガラパゴス火山である可能性があります。これは、約400万年前の亜空中岩が存在するためです。

サンタフェ島を訪問するクルーズコースEastern Galapagos itinerary aboard the Santa Cruz II, Eastern Galapagositinerary aboard Yacht La Pinta, and Central Galapagos itinerary aboard Yacht Isabela II.

 

フロレアーナ島(Floreana Island)

Floreana Island

Floreana Island

Size: 174 km2 (67 mi2)
Altitude: 2099 m (640 ft)
Percent of island populated: 1.79%
Population: 310
Coordinates: -1.279436, -90.486362
Estimated Age: Approximately 3.5 million years old
British Name: Charles
訪問サイト: プンタコルモラン(Punta Cormorant),ポストオフィスベイ( Post Office Bay),チャンピオン岩礁( Champion Islet),バロネスコーブ( Baroness Cove), アシロデパス(Asilo de la Paz), Pat´s Landing

ハイライト:

  • ・人的歴史の残る島
  • ・固有種の動植物 (フロレアーナヨウガントカゲ、中型くちばしフィンチ、フロレアーナマネシツグミ)
  • ・BIG15中6種: フラミンゴ,ガラパゴスアシカ,グンカンドリ,ウミイグアナ、アオアシカツオドリ、ガラパゴスペンギン

人間の歴史にあふれているフロレアーナ島はその風変わりな過去が広く知れ渡っています。島の入植者や訪問者の存在は、島を歴史で色づけるほどの劇的な出来事のほんの始まりに過ぎませんでした。

フロレアーナ島を訪問するクルーズコースWestern Galapagos itinerary aboard the Santa Cruz II,  Western Galapagositinerary aboard Yacht La Pinta, and Southern Galapagos itinerary aboard Yacht Isabela II.

 

サンクリストバル島(San Cristobal Island)

San Cristobal Island

San Cristobal Island

Size: 557 km2 (215 sq mi2)
Altitude: 730 metres (2,395 ft)
Percent of island populated: 15.04%
Population: approximately 8,393
Coordinates: 0.83°S 89.43°W
Estimated Age: 2.35 million years
British Name: Chatham Island
訪問サイト: ガラパゲーラ(La Galapaguera),セロブルーホ( Cerro Brujo),プンタピット( Punta Pitt)

ハイライト:

  • ・最も東側に位置する島
  • ・ガラパゴス州の州都
  • ・本土からのフライトとの空港がある
  • ・BIG15の中7種 : ガラパゴスアシカ、グンカンドリ、ウミイグアナ、アカアシカツオドリ、アオアシカツオドリ、ナスカカツオドリ、リクイグアナ

行政首都のある群島の最東端の島には、島で最も象徴的な美しいハイライトがいくつかあります。 これを、絵のように美しい町Puerto Baquerizo Morenoの地元のおもてなしを楽しむことが出来ます。サンクリストバルは、群島全体で最初の人の居住地であり、チャールズ・ダーウィンが1835年に初めて上陸した島です。

サンクリストバル島を訪問するクルーズEastern Galapagos itinerary aboard the Santa Cruz II, Eastern Galapagositinerary aboard Yacht La Pinta, and Northern Galapagos itinerary aboard Yacht Isabela II.

 

ラビダ島(Rabida Island)

Rabida Island

Rabida Island

Size: 5 km2 (3 mi2)
Altitude: 364 m (1204 ft)
Coordinates: -0.418461, -90.710215
Estimated Age: Approximately 2.5 million years old
British Name: Jervis
Visitor Sites: Red Beach

ハイライト:

  • ・他とは異なる赤砂のビーチ
  • ・素晴らしいスノーケルサイト
  • ・BIG15 の中6種:ウミイグアナ、ガラパゴスノスリ、アオアシカツオドリ、ガラパゴスアシカ、ガラパゴスオットセイ、グンカンドリ,

ボートから降りて火星の表面を歩くのと同じように、ラビダの目立つ色のビーチは目をリフレッシュするのに役立ちます。 ラビダは、ターコイズブルーの海、その砂浜の白い砂浜、白い木々、そして緑豊かな高地の間で分かれている、興味深い色の香りで構成されています。

ラビダ島を訪問するクルーズNorthern Galapagos itinerary aboard the Santa Cruz II, Western Galapagos itinerary aboard Yacht La Pinta, and Northern Galapagos itinerary aboard Yacht Isabela II.

サンタクルス島(Santa Cruz Island)

Santa Cruz Island

Santa Cruz Island

Size: 986 km2 (mi2)
Altitude: 864 m (2,835 ft)
Percent of island populated: 11.55%
Population: 11,385
Coordinates: -0.661289, -90.365731
Estimated Age: Approximately 2 million years old
British Name: Indefatigable
Visitor Sites: Charles Darwin Research Station, The Highlands and the Giant tortoise reserve, Los Gemelos (Pit Craters)*, Cerro Dragon (Dragon Hill), Las Bachas, Tortuga Bay*
*Will depend on time/itinerary

ハイライト:

  • ・ダーウィン研究所
  • ・野生の状態でゾウガメが見られる。
  • ・ハイランドの植物相
  • ・BIG15の中6種:ガラパゴスゾウガメ、グンカンドリ、リクイグアナ、アオアシカツオドリ、フラミンゴ、ガラパゴスアシカ

サンタクルスはガラパゴス諸島の2番目に大きい島で、7つの植生地に分かれています。 これに加えて、サンタクルス島は群島全体で最大の人口のために家であり、そしてその結果、最大の町を持っています。 サンタクルスのPuerto Ayoraは、レストランからバー、銀行、土産物店まで、本土から遠く離れた活気のある文明に最も近い場所にあります。

サンタクルス島訪問するクルーズツアー: 全てのサンタクルスⅡ号(Eastern GalapagosWestern Galapagos and Northern Galapagos ). 全てのピンタ号ルート(Eastern GalapagosWestern Galapagos and Northern Galapagos). イサベラⅡ号のすべてのルートSouthern GalapagosNorthern Galapagos and Central Galapagos

これらと他のガラパゴス旅程は、これらの素晴らしいパッケージを通して楽しむことができます。

With parents that worked for the U.S. Foreign Service up until he graduated from high school, Chris was raised to have the heart of a nomad throughout his life. He has resided in Honduras, Guatemala, Colombia, Panama and Ecuador throughout his years, and just recently spent the past four up in Canada finishing his Bachelor’s Degree in Philosophy & English at the University of British Columbia.