船酔い-ガラパゴス

夢のガラパゴスクルーズで休暇を過ごすのは素晴らしいことです!

しかし…もしあなただけが船酔いにかかってしまったら。。。 一部の人にとっては、船の前後の動きによって残念ながら少しめまいの起こる人がいます。 多くの人々は、地球上で最も魅力的な場所のひとつを夢見てきたのにもかかわらず、船酔いで何も体験できないかもしれないという失望に直面しています。 しかし、心配しないでください! 私たちは、あなたが十分に満足するコースを発掘し、それぞれの人にあったプランを複数持っています。そのお勧めするコースはイサベラⅡ号の中央コースです。 見て、正に諸島中央を回る旅程! Central Islands Itinerary!

ガラパゴスの海流はどのぐらい強いのか?

ガラパゴス諸島は大陸から非常に遠い位置にある為、海洋の流れに完全にさらされています。 大規模なクルーズライナーのような船では、海(波)の動きはほとんど感じられません。 しかし、ガラパゴスの探検船と比較する際には、2つの大きな違いがあります。

1.ガラパゴス国立公園では、列島内を100人以上の乗客を運ぶことができる船は許可されていません。

2.太平洋は本当に太平洋(Pacific=平和)ではありません。

その海底近くの海流は非常に強いですが、外洋ではほとんど感じられません。 しかし、波が浅い地域を通過すると、摩擦によって揺れ動き、波が生じ揺れが大きくなります。 しかし、太平洋には素晴らしい固有の野生生物の宝庫でそれらを間近にみる機会があります。自然とその最も未開な美しさの変形の融合をあなたが望むものであるならば、ガラパゴスは間違いなくあなたが訪れるべき場所です。

Marine iguanas basking under the sun. Photo credit: Nicolás Bahamonde

ウミイグアナは太陽の下で日向ぼっこをしています。 Photo credit: Nicolás Bahamonde

手短に言うと、訪問客はガラパゴス船旅がより大きい船旅より少し揺れるのを感じるかもしれません。しかし、それは通常、大部分の乗客に気づかれずに行く完全に耐えられる程度です。
それにもかかわらず、我々の一部 (この文章の作家を含む)がどこに行こうとも、船酔いを患います。船のサイズ、海の静けさの有無にかかわらず。そんな方には、中央コースの旅程は、群島の驚異に失敗したくなくて、その最も完全なものに経験を楽しみたい人々のための良いオプションです。. .

なぜこの旅程が船酔いの考慮したと言えるのか?

先に申し上げたように、ガラパゴス諸島は海流と風の影響を強く受けます。それは群島の端はより強い流れに最もさらされていることを意味します。しかし、群島の境界も自然なバリアの働きをします。それが群島の中心部で感じられる風と海流の強さを減らしています。そこが私たちの究極によく組まれた旅程となっているところです。
船が波にさらされるその振動とその長さによって船酔いに耐えられるよう旅程は考慮されています。どんな形であれ野生生物の見られる数と種類を欠く事のなく充実した日程でありそして夜間においても続けて2時間以上決して出航しないそのような内容で中央コースの日程はつくられています。

In Yacht Isabela II you can enjoy a sea-sickness proof Galapagos travel

イサベラ II号は貴方の船酔いの心配なく楽しめるクルーズの一つです。

それについて言うと、8時間以上の航海がある船がイサベラⅡ号の中央コースよりも劣っているかと言えば決してそうではありません。それどころか、全てのガラパゴス中の至どころ運航される船のサービスは同じ質で素晴らしい経験をご提供しています。それは、船酔いの病の証明の旅程がこの属性を念頭に置いていることだけです。これは初心者の船乗り(旅行者)にとって最適なオプションです。

中央コースではどんな島の様子と動物が見られますか?

この素晴らしい旅程に関して、あなたはガラパゴスで驚くべき島を訪問します:バルトラ島、サンタクルス島、サンタフェ島、サウスプラザ島、ノース・シーモア島、バルトロメ島とサンチァゴ島。
ガラパゴスの主なハイライトの2つを見る機会も得ます:バルトロメ島のピナクルロックとチャールズ・ダーウィン研究所も訪問します。

見られる野生動植物については、中央諸島コースは旅程はガラパゴスBig15リストを参考にして、その最もアイコンの種類をチェックを付けてください:
ガラパゴス・アシカ、ガラパゴスオットセイ、ゾウガメ、ガラパゴスリクイグアナ、サンタフェ島リクイグアナ、ウミイグアナ、ガラパゴスノスリ、アオアシカツオドリ、ナスカカツオドリ、素晴らしくてより大きなグンカンドリと珍しいガラパゴス・ペンギン!

この素晴らしい旅程を利用して、素晴らしくて、完全で変形力のあるガラパゴス経験に没頭してください!

Galapagos penguins

Galapagos penguins

Nathalie Moeller is of Ecuadorian and German descent. As a child she spent her summers in the Galapagos Islands, where her mother grew up, and from a very young age learned to love the beauty and uniqueness of the archipelago. She studied Journalism and Humanities in Barcelona, after living in Madrid and Germany for a couple of years. This gave her a culturally broader view of the world, which is reflected in everything she does. Blogging gives her the opportunity to combine her passion for travelling and writing.