ガラパゴスの決まり事

なぜガラパゴスの動物に触れられないのですか?

最近では、観光客がガラパゴス諸島の最も象徴的な種であるウミイグアナやゾウガメを触っている写真がSNSに再び上がっていることが明るみに出ました。 たとえ彼らが2009年に訪れてしたことであり、そしてガラパゴス国立公園が状況に対処したという事実にもかかわらず、彼らはそれがガラパゴス諸島の命の保全に関して、まだどこまで責任をもって対応しなければならないか、まだまだ計り知れません。 環境保護に関しては私たち全員が責任を負うべきで、このようなことが起こったときに私たちは背を向けることはできません。

One of the images posted online that shows the man touching animals in the Galapagos. Source: Instagram

オンラインで掲示された画像の1つはガラパゴスで動物が違法に触れているのを示します。 提供:Instagram

ガラパゴスの動物たちにどれだけ近づくことができるのでしょうか?すべてのゲストは、たとえ動物側があなたに近づいても、彼らの生活圏を邪魔しないように、野生生物から少なくとも2メートルの最小距離を維持しなければなりません。

人間と動物の共生:ガラパゴスでの生活

ガラパゴス諸島は確かにあなたが今までに訪問するした場所の中で最も素晴らしい場所の1つであるかと思います。 黒い火山とが白い砂との対比、あるいは季節の変化に伴って植生がどのようにして鮮やかな緑から灰白色に変わるかと言う特別な景色がここにあります。 そこはターコイズブルーの海、そして訪問者がその素晴らしい野生生物と親密に交流すること感じることでしょう。

人間と動物はこの空間を共有し、平和的に共存することを学びました、しかし近年の人間の影響は依然として大きな脅威として残っています。 私たちの手に負えない消費主義、私たちの未確認CO2排出、そして狩猟や乱獲のような慣行の後遺症は世界中で感じられます。

To learn about the Galapagos helps in their conservation

ガラパゴスについて学ぶことはこれからのガラパゴスの保護に役立ちます。

 

 

ガラパゴスは、何年もに渡って島を苦しめている地球温暖化の結果、レベルに影響を及ぼしたという情報は不思議ではありません。 幸いなことに、適切な時期に対策が講じられ、導入されてからずっと、その脆弱な生態系を保護するために群島が徹底的に監視されてきました。 誰もが関わっています – 訪問者と住民の両方- 島を守ることになると。 将来の世代のためにそれを保存する目的で、ガラパゴス国立公園はこの魔法の場所の独特の動植物を保護するために一連の規則を設計しました。 動物や植物が人間の存在に影響されることなく自分の生活に取りかかることができるように、それらは訪問者ができるだけ痕跡を残さないようにするためのものです。

 

敬意をもって観察する

それはある人には明白に聞こえるかもしれませんが、最も重要なガラパゴスの規則の1つは動物に触れないことです。 ガラパゴス諸島の野生生物は、人が彼らを少しも動かさなくても、各生物に近づき過ぎる人間の存在は彼らにとっては大きく影響しているのです。 ガラパゴスではこのレベルまでに近づけるのは確かに魅力的であり動物に触れてペットを飼いたいという衝動にさえなるかもしれません。 しかし、人間はウイルス、バクテリア、そして動物が自分自身が守ることができない匂いの媒介者になり得るのです。

Snorkeller and Galapagos sea lions admiring each other

シュノーケルとガラパゴスのアシカがお互いが共有しあって海を楽しみます。

 

ガラパゴスアシカの子供などは耐えられないほど可愛いので、軽く触れても無害に見えるかもしれませんが、すばやく触れるだけで、匂いや細菌が子供に伝わります。母親が漁から戻ってきたとき、彼女は自分の子供を探し、それをその匂いで認識します。アシカの母親が人間のにおいを感知した瞬間、彼女は直ちにそれを拒絶するでしょう。アシカの子供がまだ親の保護段階にある場合、それは自分自身の為に養うことを諦めてしまい、そして子供は死にます。人間の細菌は、コロニーや特定の種の集団にも広がり、それらすべてを危険にさらす可能性があります。
それらを養うことも禁じられています。できるだけ少ない痕跡で訪問の跡を去るために、食べ物を与える事は散歩や遠足の間は許されません。私たちが犬を飼うことと同じように、ガラパゴスで動物を飼うことは魅力的です。しかし、この行動が彼らの行動や健康に重大な悪影響を及ぼす可能性があることを知っていてください。彼らは人間の食べ物を食べるのに慣れていないだけでなく、食べ物が彼らに定期的に手渡されるなら彼らは彼ら自身を養うために彼らの本能を失い始めるかもしれません。ガラパゴスの動物は、種のバランスを保ち、種子を運んで広げる役割を果たします。この完璧な均衡は乱されてはいけません。

When exploring the islands, remember to stay within the trails

島を探索するときは、トレイル内に留まることを忘れないでください。

 

責任ある行動を

ガラパゴスを訪れた訪問者は即座にその保護に関する参加者になります。 公園の入場料と責任ある行動が、この素晴らしい場所の保全に貢献しています。 下記のガラパゴス国立公園規則を必ずお読みください。 それらはあなたとあなたの家族が安全でありながらユニークで壊れやすいガラパゴス環境を保護するように組まれている事を覚えておいてください。 島を訪れる機会があれば、必ず島に恋をすることでしょう。そして、なぜ保全活動に参加することが重要なのかを理解するでしょう。

繰り返しますが、なぜガラパゴスの動物に触れられないのですか

ガラパゴス諸島はエクアドルで最も重要な観光地の1つです。 その結果、メトロポリタンツーリングのように島で活動している観光会社は、島で活動することは持続可能な慣行を守ること、島を安全に保つことに関しては最善を尽くしています。しかし それだけでは十分ではありません。 私たち、ガラパゴスの訪問者そして住民の大部分は、自分たちがどれほど気にかけているかを世界に示すのが大事です。

ガラパゴス国立公園の規制

  • 1.ガラパゴス国立公園内の保護区域への訪問者は、ガラパゴス国立公園によって承認されたナチュラリストガイドを同伴しなければなりません。
  • 2.ガラパゴスの保護地域での作業が許可されているツアーオペレーターおよび/クルーズ船のみ移動します。
  • 3.野生生物の保護のため、そしてあなたの安全のために、訪問者の目の前にある標識(トレイル)を付けた道を歩み続け、標識を常に尊重します。
  • 4.たとえ動物があなたに近づいても、彼らを邪魔しないように、野生生物から少なくとも2メートルの距離を保ってください。
  • 5.健康上の問題を引き起こす可能性があるため、野生生物には絶対に与えないでください。
  • 6.野生生物の写真を撮るときはフラッシュ撮影はできません。商業目的で記録されたプロの写真およびビデオは、ガラパゴス国立公園の承認を得なければなりません。
  • 7.キャンプは、島内のいくつかの認定地域でのみ許可されています。少なくとも48時間前までに、ガラパゴス国立公園のオフィスにキャンプする許可を申請してください。
  • 8.食べ物、動物、植物を群島に持ち込まないことはあなたの責任です。あなたの訪問の間にすべての環境検査と検疫官と完全に協力してください。
  • 9.ガラパゴスを去る前に、黒珊瑚、貝殻、溶岩、動物の部分、または原生の木や植生を含む禁止物質で作られた商品やお土産を持っていったり購入したりしないでください。これは違法であり、報告する必要があります。
  • 10.環境の美しさを維持するために「痕跡を残さない」原則を実践する。
  • 11.すべてのゴミを詰めて、人口が多い場所やツアーボートで廃棄するか、リサイクルします。
  • 12.火災はガラパゴスの動植物に深刻な危険をもたらすため、ガラパゴス国立公園内での喫煙やキャンプファイヤーは厳禁です。
  • 13.釣りは、ガラパゴス国立公園の認可を受けた遊覧船でのみ許可されています。
  • 14.ガラパゴス国立公園や海洋保護区では、電動ウォータースポーツ、ミニ潜水艦、および空中観光は禁止されています。