国立公園のルール

ガラパゴス国立公園の規則

あなたはルールのない家がどんなものか想像できますでしょうか?それは非常に明快です。いたるところで無秩序なカオスが起こります。それがまさにガラパゴス国立公園の規制が非常に厳しい理由です。しかし心配しないでください。これらの規制に従うことは難しくはありません。それはあなたは、”なぜ彼らが存在するのか”、そして”どのように訪問したらあなた自身が偉大なガラパゴス諸島を保護することができるのか?”を覚えておく必要があります。

ガラパゴス諸島は”生きている博物館”としての地位と、”どこでも絶えず繁栄している命の量”として、世界遺産に登録されています。その結果、ユニークで魅惑的な”人生の流れ”を維持することに関して、すべてのゲストは非常に重要な役割を果たします。

 

国立公園のルールとは何か?

  • ドローンとフラッシュ撮影は禁止されています。

ガラパゴス諸島の日差しの強い海岸は、最高の休暇の写真を撮るのに必要なすべての自然光があります。その結果、周囲のショットを撮るときに「カメラのフラッシュを使用する必要はありません」!動物相を乱すことが少ないほど、良いことを覚えておいてください。その上、フラッシュ写真は野生生物をさえ妨害し、巣を離れたり、迷惑に反応したりします。ドローンは、ガラパゴス国立公園の規則に従って許可されていない別の写真撮影要素でもあります!

Red-footed boobie with her nestling.

あなたは動物の生活を邪魔することなく素晴らしい写真を撮ることができます。

  • 政府によって許可された旅行会社とクルーズ船にのみに乗船できます。

ガラパゴス諸島では”格言”があり、それは次のようなものです:ガラパゴス諸島の観光は、間違いなく政府によって許可されているツアーオペレーターまたはボートのみを選択してください。とても簡単ですね。これは本当に重要なルールです。ツアーオペレーターは、旅行中の安全とガラパゴス群島で訪問するあらゆる脆弱な訪問場所の保全に責任を負います。また、ナチュラリストガイドはガラパゴス国立公園局の承認が必要です

  • 外来の要素を生態系に持ち込まないでください。

ガラパゴスの生態系は、外部の影響を非常に受けやすくなっています。したがって、「外来の要素の導入」は厳しく禁止されています!チャールズダーウィン財団&リサーチセンター(通称ダーウィン研究所)によると、現在島に生息している1,476の外来種があります。そのうちのいくつかは、地元の動植物に壊滅的な結果をもたらしました。たとえば、ヤギ(遭遇するすべての植物を食べることで有名な動物)は、5つのローカルの植物の絶滅の原因となっています。

  • 訪問者は、認定されたナチュラリストガイドと一緒に公園を探索する必要があります。

優れたナチュラリストガイドは素晴らしい体験を保証します。そのため、公園内を訪れるすべての人は承認されたナチュラリストガイドが同伴する必要があります。これによりゲストはガラパゴス国立公園の規則を順守しながら、安全で情報に基づいた方法で諸島体験の一部になる機会を得ることができます。

Guests visiting a lava field.

ナチュラリストガイドが溶岩台地の上を導いて歩いています。

  • 野生動物にエサを与えないでください。

想像してみてください。あなたが家で凍えているときに訪問客があなたの顔に向かって食べ物を投げ始めます。感じよくありませんよね!ガラパゴス諸島で動物にエサをやるとき、それがまさに動物の気持ちです。ペンギンやカメがお腹をすかせたとしても、餌を与えることは絶対に禁止されています。外国の植物の摂取は、ガラパゴス国有の動物相の健康と自然の習慣に壊滅的な結果をもたらす可能性があります。

  • 指定されたコンテナにすべてのゴミおよび/またはリサイクル可能な廃棄物を処分します。

これは非常に簡単です。ガラパゴス国立公園の規則によると、「ゴミを間違った容器に捨てる」か、単に「ゴミを地面に投げ捨てる」のは問題外です。あなたはすぐにそれを見ることができないかもしれませんが、それはガラパゴス諸島の生態系に非常に干渉します。

  • 動植物から作られた製品やお土産を購入しないでください。

経済には、需要と供給の法則があります。特定のオブジェクトを購入し続ける場合、小売業者はおそらくあなたのニーズを満たすためにそれを生産し続けるでしょう。需要がなければ、製品の生産は中止されます。それは、ガラパゴスの禁止された動植物から作られたお土産で当局がやろうとしていることです。責任を持って購入し、これらの違法なオブジェクト/お土産の目撃を報告することにより、彼らがこの目標を達成するのを助けることができます。

guest interacting with the species.

ゲストと美しい野生動物の距離感は重要です。

  • 釣りは、ガラパゴス国立公園によって承認された船でのみ許可されています。

釣りはガラパゴス国立公園の規則によって完全に禁止されているわけではありませんが、そうすることを計画している場合は、国立公園によって許可された船でのみ行うことができます。これらの船に乗っている人は大きなトラブルに巻き込まれたり、水中の繊細な生き物を傷つけたりすることなく、どこで、いつ、何が釣れるかを知っています。

  • 生態系をうごかさないでください。(拾わないでください)

ガラパゴスでの休暇から最高の思い出を島から何も持ち去ることなく得ることができます!覚えておいてください:どれだけ小さくても、生態系から物を取り除くと、生態系全体が損傷および/または不安定になる可能性があります。ガラパゴスに属するものはすべて、ガラパゴスにとどまらなければなりません!

  • キャンプは事前に許可された指定エリアでのみ許可されます。

キャンプをすることがあなたの情熱であるなら、ガラパゴス諸島で実践してみてください:それは一生に一度の機会になるはずです!最初に、ガラパゴス国立公園局から事前の承認を得てください。キャンプで承認されたサイトを選択し、少なくとも48時間前にそこに滞在する許可をリクエストする必要があります。かんたん!

  • 喫煙、飲酒、焚火は厳しく禁止されています。

これは本当に重要です。焚火、たばこの吸い殻など、あらゆる形態の火災は壊滅的な山火事を引き落とす可能性があり、公園の動植物だけでなく、ほかのゲストやあなた自身をも危険にさらします。

  • 野生動物から最低2mの距離をあけてください。

ガラパゴスの最も雄大な生き物に出会うときは、あなたとカメラが少なくとも2メートル離れていることを常に確認してください。これは、あなたの安全と動物の健康の両方を保証する唯一の方法です。ガラパゴス諸島の動物と訪問者との関係は、おそらくあなたを笑顔にします。動物は人間との接触を恐れていませんが、それを維持する唯一の方法は、自分のスペースを尊重することです!

Guest keeping a respectful distance from a Galapagos Sea Lion.

2mの距離をあけて動物を観察してください。

  • 水上のモーターボート、アクティビティーは許可されていません。

諸島でのシュノーケリングや遊泳は非常に素晴らしいです。澄んだ水はダーウィン地震が非常に驚いたことを知り、見るのに最適な場所です。例えばCondé Nast Traveller を読むとこれらのアクティビティーを行っているときに出会う動物の素晴らしい写真を見ることができます。水中環境の美しさと繊細さの結果として、島中の電動水中スポーツは大したことではないことがわかります。これらのタイプの乗り物は動物を追い払うか、さらに悪いことには動物を傷つける可能性があります

  • 常にマークされたトレイルの中を歩くこと。

安全が最優先です!このため、指定されたトレイル内に常にとどまるようにしてください。私たちの認定ナチュラリストガイドは、常にあなたを安全に保つために最善を尽くしますが、それを出た場合は、何が起こるかわからず、安全は保証できません!

最終的に、これらのルールはどこからともなく現れるわけではありません。島のすべての人、すべての人のために物事を適切に機能させるためのものです。これらのガイドラインに従えば、ガラパゴス諸島での生活だけでなく、この天然の素晴らしい宝石とそのすべての住民、植物、動物、人々の保護にも貢献できることを保証します!

そして、私たちはあなた方がそうすることを期待しています。魅惑的な島についてもっと知りたいですか?ガラパゴスの詳細については、ここをクリックしてください。 click here for more Galapagos Information!

Infographic: Galapagos National Park Rules

Infografic about Galapagos National Park rules.

(Visited 2,734 times, 5 visits today)

Isabel Espinoza (1994) was born and raised in the beautiful cradle of mountains we call Quito. She has a degree in Journalism from Pontificia Universidad Católica del Ecuador. People and their stories have always been her thing (as well as traveling, nature, astronomy, and photography). Her love for Ecuador, Galapagos, and South America is immense and blogging allows her to share a glimpse of this affection with the rest of the world.