北側コース(6泊7日)

イサベラⅡ号北側コース(6泊7日)  火-月曜日

An intimate Galapagos Experience

 

 イサベラⅡ号北側コースの旅程はガラパゴス州の州都であるサンクリストバル島プエルト・バケリソ・モレノから開始します。私たちの初日の午後はセロコロラド、幻想的な落葉樹の森に囲まれ、島の有名な巨大なゾウガメの繁殖センターを訪問します。夜間に北部の島ヘノベサ島に向け出港します。そこでは何万と言う数の海鳥が舞う噴火口が陥没してできたカルデラ内にて目覚めます。翌日木曜日には中央の島へ移動しバッカニアコーブへ、まさに水中の王国をシュノーケリングやグラスボトムボートに乗って見ることかできます。凝灰岩石層と溶岩流の不思議な風景に囲まれたプエルトエーガスに上陸。陸上の鳥、海鳥が数多く生息する様子を見るには絶好の場所の人気スポットです。

そして翌日はガラパゴス諸島の最も若い島と言われているフェルナンディーナ島プンタエスピノーサへ訪問します。ここでは、不毛と豊富な野生生物のその驚くべき組み合わせの絶景です。ハイライトはノスリ(タカ)、ペンギンやガラパゴスコバネウなどが見られます。その後、ターグスコーブに行き、美しい入り江ではスノーケル、カヤックなどのウォーターアクティビティーが楽しめます。その後下船して上がり坂を登っていくと、ダーウィンクレーターといくつかの美しい景色を私たちを虜にします。土曜日はウルビーナ湾へ下船、多くのダーウィンフィンチの出迎えを受け、大規模かつ非常にカラフルなガラパゴスのリクイグアナとゾウガメの本拠地でもあります。その後、プンタビセンテロカで豊富な野生動物ではと、うまくいけば、ミドリウミガメを幾つか目撃出来ます。日曜日には赤いビーチが印象的なラビダ島のアシカ、ウミイグアナ、マネシツグミ、キイロムシクイなどが生息しています。午後にはサンタクルスの北海岸を訪れセロドラゴン(ドラゴンの丘)に下船します。リクイグアナがそれぞれのねぐら付近に陣地をとって休んでいたり、ダーウィンフィンチ、時々美しいフラミンゴが沼で餌を食べている美しい景色が見られます。

イサベラIIに乗って、お客様のガラパゴスの経験が素晴らしい感動と思い出に残る為に従業員一同全力を尽くしておもてなし致します。

  • サンクリストバル島
  • ヘノベサ島
  • サンチアゴ島
  • フェルナンディーナ島
  • イサベラ島
  • ラビダ島
  • サンタクルス島
  • バルトラ島
  • バッカニーアコーブ
  • ダーウィン湖
  • ウルビーナベイの隆起箇所
  • キッカーロック
  • プンタエスピノーサ
  • レッドビーチ

(太字は Big15リスト内の動物)

  • ガラパゴスアシカ
  • ガラパゴスオットセイ
  • ゾウガメ
  • ガラパゴスリクイグアナ
  • ガラパゴスウミイグアナ
  • サンクリストバルヨウガントカゲ
  • アオアシカツオドリ
  • ナスカカツオドリ
  • アカアシカツオドリ
  • ガラパゴスハト
  • ガラパゴスマネシツグミ
  • サンクリストバルマネシツグミ
  • ダーウィンフィンチ
  • アメリカンフラミンゴ
  • ガラパゴスのすり
  • ミミズク
  • ブラウンペリカン
  • オオグンカンドリ
  • アメリカングンカンドリ
  • コバネウ
  • ガラパゴスペンギン
  • アカメカモメ
  • ヨウガンカモメ
  • ヨウガンサギ
  • ミナミムラサキツバメ

 

 

 

【6泊7日 日程&ハイライト】

曜日 午前中訪問先 島の名前 午後の訪問先 島の名前
火曜日 バケリソモレーノ港/ サンクリストバル島 ガラパゲーラセロコロラード サンクリストバル島
水曜日 プリンスフィリップステップ ヘノベサ島 ダーウィンベイ ヘノベサ島
木曜日 バッカニアコーブ サンチアゴ島 エーガス港 サンチアゴ島
金曜日 プンタエスピノーサ フェルナンディーナ島 ターグスコーブ イサベラ島
土曜日 ウルビーナベイ イサベラ島 プンタビセンテロカ イサベラ島
日曜日 レッドビーチ ラヴィダ島 ドラゴンヒル サンタクルス島
月曜日 バルトラ空港 バルトラ島

 

【日程の詳細】

TUESDAY:火曜日

サンクリストバル島
サンクリストバル空港に到着後、イサベラⅡ号が停泊しているバケリソモレーノ港までバス、ソディアックで移動の後、乗船、船内での滞在、ガラパゴスについての説明会が行われ昼食になります。

ガラパゲーラ・セロ・コロラード(サンクリストバル島)
昼食の後、再度モレーノ港へドライランディングをします。島の南部へバスにて約40分島のハイランド地区を越えてセロ・コロラードに到着。そこは絶滅の危機に瀕しているゾウガメ保護区であり、周りは数知れない鳥類、サンクリストバル島固有のヨウガントカゲが生息しています。船に戻り翌日の散策の説明会、船長主催のウェルカムカクテル、そして夕食。

WEDNESDAY:水曜日
プリンスフィリップステップ(ヘノベサ島)
夜間、諸島内北部へ向かって航海中の船は、朝方に赤道を越えへノベサ島の内湾に入ります。
岸壁に沿ってソディアックで移動しドライランディングにて約25mの急な岩場を上がるとそこには一面マスクカツオドリのコロニー、グンカンドリ、ミミズクの餌となるツバメが生息しています。散策後はスノーケル、グラスボート、カヤックなどのウォーターアクティビティーがお楽しみ頂けます。船に戻り昼食

ダーウィンベイ(ヘノベサ島)
この島で唯一白砂浜を持つダーウィンベイにウェットランディングします。散策距離は大変に短いものの、辺りは「鳥のパラダイス」を思わせる数々の鳥の求愛行為、子育て等愛くるしい様子が見られます。グンカンドリ、アカアシカツオドリ、マスクカツオドリ、アカメカモメ、サギ、フィンチに、マネシツグミなど。歩いた後にはスノーケルなどを楽しむこと出来ます。


THURSDAY:木曜日
バッカニアコーブ
バッカニアコーブの海岸沿いを火山灰(凝灰岩)が作り出した奇妙な地形を見ながらソディアックで周遊します。昔この場所が捕鯨船、海賊船の休憩場所であったと言うことを垣間見ることが出来ます。沢山のアシカ、オットセイ海鳥、ナスカカツオドリ、アオアシカツオドリ、ペリカンなどが生息しています。スノーケルに大変適した場所です。船に戻り昼食。

エーガス港
午後はエーガス港にウェットランディグをします。この場所は陸上で生活する鳥類の宝庫です。海岸沿いは溶岩に覆われており、海鳥が貝などを求めて給餌していたり、漁からもどってきたウミイグアナが休んでいる光景が頻繁に見られます。トレイルに沿って歩きを進めると、夜行性のオットセイの生息する場所があります。再度海岸に戻りスノーケルをお楽しみいただけます。(時期によっては散策の前にスノーケルタイムがあります)、船に戻り翌日の散策の説明後、夕食になります。

FRIFDAY:金曜日
プンタエスピノーサ(フェルナンディーナ島)
ガラパゴス諸島内で一番若い島、フェルナンディーナ島にドライランディングします。約1.6kmの散策中には溶岩台地あり、白砂地がありと大変に興味深い構造をしていて、様々な動物を観察することが出来ます。プンタエスピノーサでは外部から持ち込まれた哺乳類動物がいない為、アシカ、オオイワガニ、ガラパゴスノスリと生活を共有することの出来るウミイグアナの数が非常に多いのも一つの特徴です。満干の状況次第では一部濡れた溶岩の上を歩く必要があるため、ご自身の履き慣れた運動靴にてお越し下さい。船に戻り昼食

ターグスコーブ(イサベラ島)
午後は、イサベラ島の北西に位置するターグスコーブに下船(ドライランディング)します。このターグスコーブはかつて海賊船や、捕鯨船が好んで停泊した場所で今でも彼らが刻んだ当時の落書きが岸壁などで見ることが出来ます。爽やかな匂いを放つパロサントの間を上っていくと、ダーウィン湖と呼ばれる海水と塩水が交わって出来た湖が見えます。船に戻り翌日の説明会、そして夕食になります。


SATURDAY:土曜日
ウルビーナベイ(イサベラ島)
イサベラ島のアルセド火山とダーウィン火山の間に位置するウルビーナベイにウェットランディングをします。この場所はアルセド火山の影響で1954年に一夜にして海面が4m上昇した為、トレイルの両脇にはそこが海の底であったと証拠である貝殻やサンゴの残骸が見られます。リクイグアナ、ダーウィンフィンチ、稀にゾウガメが生息しています。スノーケルをするのに適した場所で、コバネウ、ペンギンと一緒に泳ぐことができる可能性もあります。船に戻り昼食

プンタビセンテロカ(イサベラ島)
イサベラ島の北に位置するエクアドル火山の切り立った断崖の一部の場所で上陸することが出来ないため、ソディアックに乗って遊覧します。溶岩と火山灰から形成された景色は圧巻です。またコバネウの巣、ガラパゴスペンギン、アシカ、オットセイ、ナスカカツオドリ、アオアシカツオドリ、ツバメも見られます。この場所は海洋資源が大変に豊富な場所でもある為スノーケルに適した場所です。季節によって多くのミドリウミガメ、マンボウも見られることがあります。本船に戻り翌日の説明会の後、夕食。

SUNDAY:日曜日
ラビダ島
鉄分を多く含む火山物資によって赤褐色をした砂地にウェットランディグします。この4.9k㎡しかない小さなラビダ島には沢山のアシカのコロニー、ウミイグアナ、マネシツグミ、マリアカナリア(キイロムシクイ)、ダーウィンフィンチが生息します。海岸の近くでは渡ってきたフラミンゴも時々見られ、ペリカンのコロニーも間近で見られます。透明度が大変に高いこの島の海岸沿いはウォーターアクティビティーに適した場所で、ディープスノーケル、浅瀬からのスノーケル、グラスボトンボートをお楽しみいただけます。本船に戻り昼食、船は次の訪問地に向け航海、運が良ければイルカなどが見られることでしょう。

ドラゴンヒル(サンタクルス島)
ドライランディングをした後、トレイルに沿って歩くとそこには海水と真水が混ざって出来たラグーンがありフラミンゴ、カモ、シギなどが生息しています。続いて小丘を頂上まで昇るとガラパゴスの西側に広がる諸島が見渡せ、その道中はリクイグアナが生息しています。この地帯は大変に乾いている場所で、沢山の鳥類:ダーウィンフィンチ、マネシツグミ、ムシクイそして、マリアカナリア(キイロムシクイ)が生息しています。本船に戻り、翌日の散策地の説明会、夕食になります。

MONDAY:月曜日
バルトラ島
朝食の後、バルトラ空港までバスで移動し本土へ向かう飛行機に搭乗し、プログラムの終了です。

重要事項
日程やプログラムは、気象条件、海の状態そして、国立公園の政策や規制によって、

事前の予告なく変更される場合があります

•ドライランディング :ゴムボートから岩や桟橋の上へ下船する方法。
•ウェットランディング:砂浜の上にゴムボートが接岸し、足は膝まで水にぬれる下船方法