東側コース(4泊5日)

ラ・ピンタ号東側コース(4泊5日)木-月曜

Discover Luxury Cruising in the Galapagos

私たちは、ガラパゴスの最も美しい島のいくつかへのこの旅の旅のためにあなたを乗せてくれることを嬉しく思っています。私たちの旅程は、第二次世界大戦中の旧軍事基地であったバルトラ島で始まります。

乗船が完了し船内での過ごし方、国立公園のルール等の説明会が終了した後、サンタクルス諸島の火山の海岸に沿って東に舵を切って、サウスプラザ島に到達します。私たちの冒険はサウスプラザ島の人工的に造られた桟橋から上陸から始まります。翌日、サンタフェ島とガラパゴスの州都であるサンクリストバル島を探索します。

その後、私たちは南側に位置するエスパニョーラ島を訪問します。そこでは多くの訪問者を魅了する場所:プンタスアレス。ここでは、何百ものウミイグアナ、アシカ、海鳥、さらには険しい海岸線に沿って歩き回ります。午後には、ガードナーベイを訪問し素晴らしいビーチタイム、水泳、シュノーケリング、またはガラスボトムボートで探索をするという素晴らしい組み合わせで楽しい時間が過ごせます。月曜日には、世界的に有名なサンタクルーズ島のチャールズダーウィン研究所(群島で最も人口の多い場所)を訪れます。私たちが何処で行っても、ラ・ピンタに乗っている乗組員全員が、ガラパゴスの経験が本当に深く動いて、思い出に残るように最大限に努力致します。

La Pinta - Eastern

  • バルトラ島
  • プラザ島
  • サンタフェ島
  • サンクリストバル島
  • エスパニョーラ島
  • サンタクルス島
  • ダーウィン研究所
  • キッカーロック
  • プンタスアレス
  • プンタピット

(太字は  Big15内の動物)

  • ガラパゴスアホウドリ (4月から12月)
  • アオアシカツオドリ
  • ナスカカツオドリ
  • アカアシカツオドリ
  • アメリカングンカンドリ&オオグンカンドリ
  • ガラパゴスノスリ
  • リクイグアナ
  • ウミイグアナ
  • サンタフェリクイグアナ
  • ガラパゴスアシカ
  • ガラパゴスゾウガメ
  • ガラパゴスハト
  • ガラパゴスマネシツグミ
  • サンクリストバルマネシツグミ
  • エスパニョーラマネシツグミ
  • ダーウィンフィンチ
  • ブラウンペリカン
  • アカメカモメ
  • ヨウガンカモメ
  • ヨウガンサギ

 

東側コースのルート

日程

La Pinta - Eastern 5D-4N 2017

【 訪問先の詳細 】

FRIDAY:木曜日
ガラパゴス諸島のバルトラ島に到着後、バスにてピンタ号が停泊している港まで移動、乗船の後、船内の説明会、そしてキャビンへご案内します。

サウスプラザ島
ノースプラザ島とサウスプラザ島の間を流れるターコイズブルーの海峡に船は停泊し下船(ドライランディング)します。溶岩の黒色と白砂浜のコントラストが大変に美しい景観を作り出しています。ある場所では緑色の海藻が岩を覆ってその上を赤色のキレイなオオイワガニ等が生息しています。トレイルに沿って歩を進めるとカラフルな色をしたセスビウム(植物)が絨毯のように一面に広がり、その中にウチワサボテンが連立し、下にはリクイグアナがいます。トレイル中の最高標高地点に来ると絶壁が広がり、ガラパゴス諸島内の南の方向が見渡せます。数々のアカメカモメ、ネッタイチョウが巣作りをしていたり、この上昇気流を楽しんでいるような沢山の海鳥が見られます。この島は小さいながらも大変魅力的要素を含んでいます。船に戻り翌日の日程の説明会、船長を始め、オフィサー、ガイドの紹介、夕食になります。

FRIDAY:金曜日
サンタフェ島
朝食の後、多くのアシカのハーレムがいる白い砂浜のビーチに下船(ウェットランディング)します。このアシカのハーレムにはオスアシカが自分の領土争いの為に他のオスの存在を警戒しています。また、容易にガラパゴスノスリを観察することが出来きますし、巨大なウチワサボテンは大木を思わせる勢いで成長しています。引き続き歩いて行くと、サンタフェ島固有のリクイグアナにも出会えます。ここでもウォーターアクティビティー(スノーケル、グラスボトンボート)は魅力の一つです。

サンクリストバル島(セロコロラードゾウガメの生息地)

昼食後、私たちは、プエルト・バケリソ・モレノ港に下船し、島の南岸に位置するゾウガメの生息保護地区約40分をバスで移動します。道中は素晴らしい落葉樹林を通り、絶滅の危機に瀕している巨大カメの繁殖センターを訪れます。サンクリストバルマネシツグミ、サンクリストバルヨウガントカゲ、どちらもこの島の固有種であります。

SATURDAY:土曜日
プンタピット(サンクリストバル島
朝食後、島の東端に(ウェットランディング)下船。浸食された凝灰岩の円錐(コーン)から取った地名でもあり、ビーチからトレイルに沿って坂を登っていくと、見渡すばかりの海岸線の景色が見えます。ここはガラパゴスにおいて3種のカツオドリが同時に見られる唯一の場所です。それだけでなく2種のグンカンドリ、プラス、オスアシカのコロニーも見られます。条件が良好であれば散歩した後、スノーケルをするチャンスがあります。

セロブルーホ
火山灰で出来た断崖絶壁に沿ってソディアックはセロブルーホに下船(ウェットランディング)します。
ビーチは、様々な海鳥:アオアシカツオドリ、ブラウンペリカン、サギ、グンカンドリをみながら踏み心地の快適な砂浜の上を散策します。また、アシカも生息しています。この場所ではサンクリストバル島固有のマネシツグミ、ヨウガントカゲが見られます。この固有種は他の島では同じものが見ることが出来ないのが特徴です。このセロ・ブルーホでは浅瀬でのスノーケルをするのに適したなだらかな砂浜の為、機材を付けて練習するに最適です。船に帰って翌日の説明会、そして夕食になります。

SUNDAY:日曜日
プンタスアレス(エスパニョーラ​​島
早朝にプンタスアレスに下船(ドライランディング)します。溶岩の間を歩いて行くとアホウドリ(4月〜12月)を含む鳥類のコロニー、ナスカカツオドリ、アオアシカツオドリ、アカメカモメそしてガラパゴスの有名な”ブローホール”が眺められます。海鳥以外にもこの島固有のマネシツグミ、ダーウィンフィンチ3種類なども数多く見られます。 またこの島のウミイグアナは表皮が赤、緑、黒色をしているのも特徴です。船に戻り昼食。

ガードナー湾(エスパニョーラ島
午後には、ガードナーベイに下船(ウェットランディング)します。アシカを観察するためには容易な白いサンゴからつくられたオーガニックのビーチです。マネシツグミ、ダーウィンフィンチが楽しそうに遊んでいる光景も見られます。この場所はスノーケルに大変適した場所です。船に戻り、下船の説明会、お別れのカクテル、夕食。

MONDAY:月曜日
サンタクルス島:ダーウィン研究所
早朝の下船(ドライランディング)チャールズダーウィン研究所へ訪問します。ここでは絶滅の危機に瀕しているゾウガメを人工ふ化させて、島に帰島させるプロジェクトなどを実践しています。 印象的な巨大なウチワサボテンの林の中にはピンタ島の最後の生き残りのゾウガメである「ロンサムジョージ」がいます。これらの場所ではガラパゴス島内の科学的調査、保全及び国立公園の本部でもあります。バスに乗りバルトラ空港まで移動。

本土へ行くフライトに乗り、ツアーは終了となります。

重要事項:
日程やプログラムは、気象条件、海の状態そして、国立公園の政策や規制によって、

事前の予告なく変更される場合があります

•ドライランディング :ゴムボートから岩や桟橋の上へ下船する方法。
•ウェットランディング:砂浜の上にゴムボートが接岸し、足は膝まで水にぬれる下船方法。

***ご要望により、ガラパゴス国立公園の入場料と移民管理カードの手数料を含めることができます。 ただし、運営上の理由や運航上の理由から、運航出発日に旅行する場合にのみ、これらの費用を加算することができます。 このサービスは出発日より前に旅行するゲストには適用されません。

****個人で持ち込むワインや酒類のボトルおいては$ 27 +税金のコルクケージにてご請求致します。

*****ランドリーサービスは6泊の旅程でのみご利用いただけます。(サンタクルス島訪問日のみ)

 料金に含まれているモノ

  • クルーズ宿泊
  • すべての食事
  • ソフトドリンク *
  • 国立公園内散策費用
  • ナチュラリストがガイドによる英語/スペイン語のみの講義サービス
  • ウェットスーツのレンタルとシュノーケル用具
  • インターネット *
  • 島々で移動する送迎費。
  • キトの主要ホテル(カサガンゴテーナ、ヒルトンコロン、スイスホテル、マリオット、ダンカールトン)とグアヤキル(ヒルトンコロン、オロベルデ、ハンプトンイン、シェラトン)からガラパゴス行きのフライトは、これらの料金に含まれています。 これらの混載送迎をご入用の場合は、事前に予約が必要です。

* *ご注意ソフトドリンクにはジュースや炭酸飲料が含まれていますが、カクテルは含まれていません。
*インターネット接続は、図書館の2つのコンピュータステーションと、公共エリアにてWi-Fiがご利用いただけます。 ガラパゴスは遠隔地のために、インターネット接続は断続的で低帯域幅です。

含まれていないモノ

  • キト・グアヤキルからガラパゴスまでの往復航空運賃
  • ガラパゴス国立公園入場料(US $ 100は予告なしに変更されることがあります)
  • ガラパゴスのトランジットコントロールカード(1人あたり20 USドル)
  • アルコール飲料
  • ギフトと追加アイテム
 ☝クリックしてご確認ください。

 

All About the Galapagos