乗船の条件(年齢他)

<お子様について> 

お客様のガラパゴスクルーズの乗船においては”6歳以下のお子様”の乗船はお断りさせて頂いています。その理由としては、火山が起源であるガラパゴス島々の大地において散策する箇所の足場が非常に悪く、溶岩などに躓いて一度の転倒で数針を縫う大けがになり得ることと、赤道直下に位置する島々での訪問では散策中にお子様における熱中症、熱射病が多く報告されている為です。外洋を航海する船の揺れは大人でも立っていられないぐらいの事も頻発しています。

また、島内を散策する際は必ずグループ行動となり、そこには国家試験をパスしたナチュライストガイド1名がお客様10名―15名をご案内する様に構成されています。大自然の中を散策するのが醍醐味であるガラパゴスの島々では、時には霧雨が降ったり、突風が吹いたりと色々な自然環境の中で、お子様が風邪をひくからとか、濡れさせてはいけない等の個人的に船に戻ることはできません。(主にグループ行動厳守です)そして、一番の理由としてはクルーズ船内のお客様の層は船によっては年輩の方が殆どを占め、ゆっくりと優雅に静かに船旅を希望している方も多い為です。

この様な安全性、健康面、施設的な面から乗船において年齢制限が設けられています。

しかし、例外もあります。

お客様それぞれの理由があるかと思いますので、それをお知らせ頂けましたら、弊社において乗船する出発日の乗客年齢層などを考慮して、国立公園に特別許可を申請し承諾されれば、6歳以下のお子様でも可能なこともあります。(ただ、ご年配のお客様の多い、ピンタ号、イサベラⅡ号での許可は難しいです。)

<ご年配の方について> 

特に上限の年齢制限はありません。ただし、船内はエレベーター設備などはありませんのでご自身の体調をみてご参加をお決めください。

<車イスの方> 「車椅子 フリーイラスト」の画像検索結果

大変申し訳ございませんが、ガラパゴスの空港、クルーズ船、街、施設においてまだまだバリアフリー対応ができておらず、散策も溶岩台地をあることがメインとなる為に、車いすを利用しての散策は物理的に不可能となっています。介添えの方がお出でである等の対応については個人的にお問い合わせ下さいませ。

<妊婦さん> 妊婦さんのイラスト

ガラパゴスクルーズに関しては特に制限はありません。主治医の許可をお受けください。クルーズ船内で何かありましたら3隻(サンタクルスⅡ号、ピンタ号、イサベラⅡ号)には船医が常勤していますのでご相談くださいませ。

 

 

Want to speak to an Ecuador and Galapagos expert?