プロカメラマンが乗船

Which Galapagos cruise offers an onboard Expedition Photographer?

どの船に乗るとプロカメラマンがいるのでしょう?

Onboard Expedition Photographer Galapagos Cruise

サンタクルスII号ガラパゴスクルーズでガラパゴス諸島への旅行を予約する際の特別な特典は、

プロのエクスペディションフォトグラファーが乗船していることです。

私たちの船上写真家の一人であるMartin Barreiroを紹介します!

より大きい船=より大きい利益

onboard-expedition-photographer-galapagos-4Santa Cruz IIには魅力の島々を巡る最大級の客船の一つで、最大90名の収容可能なキャビンと十分なスペースがあります。長さ64mのこの船には60名の乗員がいます。それはまたガラパゴスの小型ボートよりも特定の利益があります。最も明白なもの物理的に大きいという事です。そして船体が安定しており、海の波の揺れが他の船に比べてはるかに少ないという事です。フラットスクリーンのある図書室、プロジェクター、コーヒーステーション(ボタンを押すだけで10種類の飲み物が提供されます)読書出来る図書など大きな社会的分野もあります(無料で借りられます)。複数の快適なソファー椅子とテーブルが置いてあります。船内には専用のジム、2つのホットタブ、24時間365日体制のメディカルオフィサー(船医)、子供用のディスカバリールーム(ゲーム、映画あり)、洗濯/乾燥機があります。

自撮り棒は不使用!

フォトグラファーはあなたのために完璧な写真を撮るように気を配っています。!

ご注意:ガラパゴス諸島では、ガラパゴス国立公園の規則に従って、自撮り棒の使用は固く禁じられています。Galapagos National Park Rules.

onboard-expedition-photographer-galapagos-group-photo

ゲストの経験に非常に大きな価値を追加する(追加料金なしで楽しむことができる)もう一つの重要な利点は、ガラパゴスクルーズの散策の一環としてプロのカメラマンが乗船していることです。サンタクルスⅡ号ではフルタイムのプロのエクスペディションフォトグラファーが各旅程で提供される様々な散策に参加する際にグループ同行することになります。カメラマンはカヤック、シュノーケルなどの特定オプションのアクティビティーにも対応できるよう様々なカメラを用意しています。あなたがハイキングをしているとき、あなたとあなたの家族がこの大自然を堪能している時にでもプロのカメラマンによって撮られた美しい写真を所有することができます。カヤック、マウンテンバイクでハイランドを登り、そして更に水中の冒険をしている際もいつもレンズをのぞき、海の下の素晴らしい野生生物をとらえてます。

共有の思い出:全ての写真は、自宅に帰ってからアクセスできます。

最も良いと考えられることは、船上のプロカメラマンの写真は(あなたが家族写真を撮らせることを許可した場合:承認用紙は図書室にて置いてあります。)スライドショーの一部として示されるすべての画像にアクセスすることができます。クルーズの最後に発表されたスライドショーは訪問した素晴らしい風景の写真と、ガラパゴス諸島を非常に特別なものにしてくれるユニークで驚くべき動物の写真と共に、自分の写真を撮って欲しいみんなの写真を提示しています。スノーケリング短いビデオクリップもこれらのスライドショーの一部になるでしょう。

onboard-expedition-photographer-galapagos-2

以上のことすべてを振り返って、サンタクルスⅡ号でのガラパゴスの旅をこのように締めくくるのは本当に素晴らしいことです。私達は私達のお客様が感心し、皆様が旅行の間中に経験した思い出の宝箱に加えた事を見るのをいつも楽しんでいます。そして、あなたのEメールアドレスを私たちと一緒に残すことによって、完全に無料で、この資料すべてにアクセスできる付加価値の高いサービスが受けられます。あなたの旅行が終わった数日後に、私たちはあなたの特定の旅程で捉えられたすべての高解像度画像へのリンクをあなたに送ります。お客様が家に帰ったら、容易にイメージのどれでも1つを印刷して、映像として残すことができます!

サンタクルスII号ガラパゴスクルーズに乗ってガラパゴスで過ごす数々の船のうちの1つで、船上で体験する最も素晴らしいガラパゴス休暇の楽しい思い出の一つになる事を我々一同は願っています。

Martín Barreiro

Martin Barreiro, born and raised in Quito in 1982, began studying photography as soon as he got out of high school. Soon after this, he found himself with the opportunity to live in London, England, which is where he continued his career in photography while experiencing the European culture. Afterwards, he moved to Houston, Texas, where he got a degree as a Professional Commercial Photographer.