北側コース(4泊5日) 

サンタクルスⅡ号 北側コース(4泊5日) 月―金曜日Santa Cruz II galapagos tours 2018

northern galagos islands

北側コース情報

私たちのクルーズはバルトラ空港から始まります。

そこから少しの航海を経てラグーンの美しく輝かしい白砂のあるラスバーチャスへ向かいます。これらのラグーンにはカモ、サギ、フラミンゴなど様々な鳥類の餌場となっています。私達の航海ではサンティアゴ島の2つの魅力的な訪問先を探索しています:ウミドリの数々、アシカ、および干潟に生息する生物の多いブッカナーコーブ、プエルトエーガス(エーガス港)ではスノーケリングとスイミングのチャンスがあります。翌日にはガラパゴスで最高のシュノーケリングをするラビダ島の赤い砂浜、いくつかの崖の周りの素敵なトレイル、水中アクティビティの人気スポットを訪れます!午後には、ハイキング、水泳、ビーチと海岸の探索のための場所を備えた風光明媚な火山地形のバルトロメ島を訪問します。これは、ガラパゴスペンギンを見る唯一のチャンスです。

ここから赤道を横断して北東に航行し、数千の海鳥が生息するヘノベサ島へ向かいます。ヘノベサ島の形はくぼんだクレーターの様です。そこで私たちは何百マイルも離れた絶海の孤島、まさに鳥の楽園であることを実感します。サンタクルス島の高原にあるハイランドの巨大なガラパゴスゾウガメの生息地を訪問し、バルトラ空港に向かい、自然との素晴らしい出会いで終わります。

  • バルトラ島
  • サンタクルス島
  • サンチアゴ島
  • ラビダ島
  • バルトロメ島
  • ヘノベサ島
  • バルトラ島
  • バッカナーコーブ
  • ヘノベサ島
  • ピナクルロック(バルトロメ島)
  • アオアシカツオドリ(BIG15)
  • ナスカカツオドリ(BIG15)
  • アカアシカツオドリ(BIG15)
  • アメリカンフラミンゴ(BIG15)
  • オオグンカンドリ、アメリカングンカンドリ(BIG15)
  • ガラパゴスノスリ(BIG15)
  • ウミイグアナ (BIG15)
  • ガラパゴスペンギン (BIG15)
  • ガラパゴスアシカ(BIG15)
  • ガラパゴスオットセイ(BIG15)
  • ガラパゴスゾウガメ(BIG15)
  • ガラパゴスアオメバト
  • ガラパゴスマネシツグミ
  • サンクリストバルマネシツグミ
  • ダーウィンフィンチ
  • ミミズク
  • ブラウンペリカン
  • アカメカモメ
  • ヨウガンカモメ
  • ヨウガンサギ

航海ルート (北側コース)

毎日の日程について

活動とハイライト

northern activities galapagos tours

aquatic activites galapagos islands

Monday(月曜日)

バルトラ島

私たちは飛行機でバルトラ島に着陸し、バルトラ空港の桟橋からゴムボートに乗ってサンタクルスII号に乗船します。その後は船内での過ごし方と、散策についての説明会、避難訓練、ランチになります。

ラス・バーチャス(サンタクルス島)
午後は、サンタクルス島の北岸に位置し白砂浜の美しいビーチへウェットランディングをします。海からほんの数歩の処に汽水(淡水と塩水の中間)のラグーンにはフラミンゴ、カモなどの渡り鳥が生息し彼らの餌場となっています。 このビーチでは水泳やシュノーケリングを楽しむことができます。 ウェルカムカクテル、翌日の日程説明会と夕食へと流れになります。

northern las bachas

Tuesday(火曜日)

バッカニアコーブ(サンティアゴ島)

朝食後、私たちはバッカニア・コーブの印象的な崖に沿って海岸線をゴムボートで探索し、その地域にかつては捕鯨船、密漁船などが停泊していた歴史について学びます。 海岸のに住む海鳥たち、アシカおよび干潟の生物の多くは、コーブにあります。 “Elephant Rock”、 “The Bishop”などの印象的な自然の洞窟など、素晴らしい自然の景色をお楽しみください。 シュノーケリングとグラスボトンボートに乗る機会があります。

プエルト・エーガス(サンティアゴ島)

午後、私たちが黒砂の海岸にウェットランディングで降りると、岩場の海岸線の中で遊泳やシュノーケルを楽しむことができ、その際にはミドリウミガメが付き添ってくれるでしょう。 トレイルに沿って歩くと、何層もの火山灰で出来た凝灰岩の層や、溶岩流が固まってできた景色の中に海鳥や渡り鳥などの群れを見ることができる絶好の機会です。引き潮の際にはウミイグアナが海藻を食べていたり、密集して体を温めている様子を観察することができます。

northern puerto egas

Wednesday(水曜日)

ラビダ島

午前中は、火山の成分に鉄が異常に多いために赤く光ってみれるラビダ島の海岸にウェットランディングします。海岸を歩くとアシカのコロニー、ウミイグアナ、マネシツグミ、キイロムシクイ、非常に稀にベニタイランチョウが観察できます。ビーチに近い塩分濃度の高い沼地にはアメリカフラミンゴが生息していることもあります。小山を上がっていくと赤土にウチワサボテンの景色と海の色が非常にきれいなコントラストを織りなすビューポイントに到着します。頭上にはガラパゴスノスリ、ダーウィンフィンチが飛んでいるのが見られます。ここは初心者、さらに経験豊富な人にとっても非常に素晴らしいシュノーケルスポットです。次の島への航行中に、時にはイルカを発見することもあります!

バルトロメ島

午後のアクティビティは、この有名な島の黄金に輝くビーチから始まります。ディープシュノーケリングやビーチからの遊泳、グラスボトンボートを楽しむチャンスがあります。船に戻った後、私達は風光明媚な群島の素晴らしい景色を誇るこの小さな島の頂上へのハイキングへと出直しします。木製の階段、プラットフォームと手すりを支えながら、適度に急な登りです。上からの見通しは努力した価値があること間違いありません。歩く代わりに険しい火山の海岸線を探索するためにゴムボートに乗って周遊するオプションもあります。

northern bartolome island

Thursday(木曜日)

プリンス・フィリップ・ステップス(ヘノベサ島)

朝はゴムボートにて島に上陸するスポットまで移動し、そこから平坦な岩場に達するために自然の溶岩で出来た急な階段を上ることから始まります。(僅か30m程)一度登りきると後は一面平らなトレイルを歩きます。そこにはナスカカツオドリ、アカアシカツオドリ、大きなグンカンドリ、燕のコロニーを観察することができます。 目を凝らして溶岩台地を見ていると地面と同系色である非常に珍しい昼行性のガラパゴスミミズクを見つけることができます。上陸を希望されない方には崖に沿ってゴムボート周遊にて岸壁に巣を作るネッタイチョウなどを観察することができます。

ダーウィン湾(ヘノベサ島)

午後には、この美しいビーチにウェットランディングをします。湾岸沿いにそって少々散策するだけで数えきれない数のグンカンドリ、アカアシカツオドリ、ナスカカツオドリのコロニーが密集しています。マネシツグミ、カモメなどが自由に飛び回りまさに鳥の楽園を思わせる鳥たちが快適に生息している様子が見られます。シュノーケル、カヤック、遊泳をお楽しみください。

northern darwin bay

Friday(金曜日)

野生のゾウガメ生息地 – バルトラ空港

サンタクルス島の北岸でクルーズ最後の朝を向かえます。朝食後、荷物は空港へ行きますが、我々は野生のゾウガメ保護区を訪れます。 ドライランディングの後、バス乗車して約20分移動すると最後のハイライトである野生の巨大なゾウガメを目にするでしょう。2種の巨大なカメが生息しています。 これらの緑豊かな高地には密度の高い森林がありガラパゴスのキク科の植物スカレシア、ランとブロメリアといくつかの固有種である鳥が飛び回っています。 この訪問の後、私たちはバルトラ空港へ移動します。 そしてガラパゴスへお別れを告げます。

 

 

含まれているもの

  • ガラパゴス空港到着後からのクルーズツアー中の移動
  • クルーズ船内宿泊費
  • クルーズプログラム中全食事
  • ナチュラリストガイドによるガイディング
  • ナチュラリストガイドによる講習会、説明会
  • 島内散策+オプショナルアクティビティー
  • スーケル機材貸し出し(ウェットスーツのみ有料)
  • カヤック
  • グラスボトンボート
  • * Restrictions apply

含まれていないもの

  • 本土からガラパゴスまでの往復航空券
  • ガラパゴス国立公園入島税とトランジットカード
  • 個人でお飲みなった有料ドリンク、アルコール代
  • ウェットスーツレンタル費用
  • インターネットサービス *遠隔地のため、インターネット接続は断続的で低帯域幅です

 

 <<旅程について>>

  • サンタクルスⅡ号のルートとプログラムは、国立公園の方針と規制、気象条件、季節の変化、安全と操作上の理由、野生生物の観察の機会によって変わることがあります。

 

  • ドライランディング :ゴムボートから岩や桟橋の上へ下船する方法。
  • ウェットランディング:ゴムボートからビーチなどへ直接下船する方法
  • **ご要望に応じて、ガラパゴス国立公園の入場料US $ 100と入島カードの手数料US $ 20(変更される場合があります)を含めることができます。ただし、運営上の理由や運航上の理由から、運航出発日に旅行する場合にのみ、これらの費用を加算することができます。
  • ***ワインやワインのボトルに船舶のボトルを持ち込む際は持ち込み料US $ 25 +税が必要になります。ご注意ください。
  • ****船上のインターネット接続は船舶の社会的エリアのコンピュータステーションと無線LANで構成されています。ガラパゴスの遠隔地のために、インターネット接続は断続的で低帯域幅です。

 

 

 Ready to Explore the Galapagos?