なぜ今ガラパゴス?

それは今では一生に一度の目的地を訪れるのに最適な時期であり、ガラパゴス諸島は確かに手形に合います。 年々、ガラパゴス諸島は世界のトップデスティネーションとしてランクされています。 それは本当にあなたが地球上のどこにも見ることができない野生生物を見る機会を、訪問者に提供する特別な場所です。 この記事では、ガラパゴス諸島を訪れるべき5つの理由を探ります。

 

Galapagos islands family vacation

年中ベストシーズン

ガラパゴスを訪れるのに最適な時期はいつ?」と疑問に思ったことがありますか。ガラパゴスへの旅行がいつでも可能な大きな理由の1つは、非常に快適な気候のおかげなのです。赤道上 に位置するガラパゴスは年中を通して温暖な気候です。この魅惑の島で過ごしたい場合は、常に象徴的な種が見られ、周りで最も快適な気候を楽しめます。 気温は陸上でも海上でも理想的です。 あまりにも長い間雨が降ることは決してありません。そして、この素晴らしい場所の単なる畏敬の念は、比類のない経験のための基準を設定します。

Flightless cormorant at Fernandina island from the Galapagos

ユニークな生態系

ガラパゴス諸島は、固有の野生生物を見るのに最適な場所の1つです。つまり、これらの動物の一部は群島にしか存在せず、世界のどこにも存在しないということです。最近、CondéNast Travellerは、この列島を「野生生物を間近で見られる15の最高の場所」の1つに指定しました。 捕食者がいないこのような遠隔地は、人間の存在に悩まされずにより多くの種が存在することを意味します。 簡単に言えば、これは、ウミイグアナ、コバネウ(飛べない鵜)、サンタフェ島リクイグアナ、ガラパゴスゾウガメ、ガラパゴスオットセイ、ガラパゴスペンギンなどの動物が豊富で、すぐにそして驚くほど近い距離で見られることを意味します!

Activities in the Galapagos islands

昨今フェルナンディナで最近見つかったゾウガメ!
ガラパゴス諸島には、ガラパゴス特有の数十の種が生息しています。 絶滅の危機に瀕しているもの、フェルナンディナ島ガラパゴスゾウガメは、最近フェルナンディナ島で発見され、保存と遺伝子検査の目的でサンタクルスの繁殖センターに運ばれました。 それは1906年に最後に見つかった以降、まさに100年以上経ってからのあ偉大な発見でもあります。

壮大な風景と素晴らしいビーチ 

ガラパゴス諸島には、最も息をのむような感動的な風景があります。 フォーブスによって強調されているように、群島の最も優れた3つのビーチ(下記にリストされています)は、フライトネットワークの南アメリカで最も優れたビーチのリストにあります。

・レッドサンドビーチ(ラビダ島)は、濃い赤の粉砕された火山性の海岸線を誇っています。
・トルトューガベイ(Tortuga BayーSanta Cruz)は、ガラパゴスで最も手付かずの白い砂浜のビーチの1つです。近くの入り江は、リラックスしたり、水泳、サーフィンなどのビーチアクティビティに理想的なスポットです。
・プンタコルモラン(Cormorant Point-Floreana)その地上のサンゴ砂、ピンクのフラミンゴの存在、アオウミガメ、アカエイが有名です。

Marine Iguanas from the Galapagos islands

さらに、海やシュノーケリング中に見ることができる素晴らしい海岸線や水中の風景とは別に、いくつかの島にはかなり印象的な地層があります。 特に、サンタクルス島、フェルナンディナ島、フロレアナ島には溶岩の管、クレーター、洞窟がいくつかあり、それらをチェックする価値があります。

  • ・サンタクルスの溶岩チューブ(Cueva del Cascajo)
    ・サンタミラース洞窟(El Mirador de losTúneles)
    ・べじゃビスタ-サンタクルス島の溶岩トンネル(lava tunnels on Santa Cruz)
    ・ロス-へメロス(サンタクルス島)
    ・フロレアナ島の海賊洞窟(Cueva del Cascajo -lava tubes on Santa Cruz)

多数のクルーズ散策オプション 

ガラパゴスの美しく複雑なレイアウトを完全に吸収するためには、観察し探索するだけです。 各島にはそれぞれ異なる特性がいくつかあります。すべてを見ることに興味がある場合は、クルーズ船の選択肢をお選びください
あなたの家の基地として遠征クルーズ船を使用しながら毎日積極的にさまざまな訪問者のサイトを探索するという考えではない場合、あなたはランド宿泊ベースのオプションを検討することをお勧めします。 この方法では、人が住んでいる島を楽しんだり(1つか2つの近くの訪問者サイトと一緒に)、自分で探索したり、小さな船で日帰り旅行をしたりすることができます。 正しい答えも間違った答えもありません。 それは完全にあなた次第です。

クルーズツアー

全部で、ガラパゴスにはおよそ70隻の船があります。これらのうち、約18のみがマルチバイリンガルナチュラリストガイドの活動を提供しています。覚えておくべきことは、ガラパゴス群島の97%がガラパゴス国立公園の一部であるということです。公園の一番のルールは、訪問者は常に登録されたナチュラリストガイドを同伴しなければならないということです。ほとんどの船では、16人の乗客ごとに1つのガイドが同行します。この比率は、11人の乗客ごとに平均1つのガイドを選ぶ少数の艇と比べてかなり高いです。特定の船に乗っているガイドが他にもいる場合は、ゲストが選択できるアクティビティがもっとあります。つまり、シュノーケリングなどのアクティビティで海岸線を探索できる人もいれば、パドルボーディングや少しハイキングをする人もいます。多くナチュラリストガイドが乗船することにより同時にいくつもの活動 – これがクルーズベースのオプションを楽しむための鍵です。

あなたの完璧なガラパゴスクルーズを探す際に留意すべきことがいくつかあります。あなたは最高のガラパゴスクルーズを選ぶための条件としてこれらを考えることができます

宿泊ベースのツアー

一方、陸上でのオプションでは、目的地を離れ、少し探索し、貴重な時間とリラックスを本当に素晴らしい場所で楽しむことが目的であれば、必要な平和、静けさ、およびリラックスすることができます。 この場合、快適さが重要です。
また、デイクルーズボートで海岸線や野生生物を見るのに一日か二日を費やすことをお勧めします。 より大きな、人が住んでいる島から1日に1回観光することができます。これらの施設の中には、独自のデイクルーズ船を所有しているところもあります。 陸上でのオプションを選択する際に考慮すべき重要なことは、日帰り旅行のスケジューリングが出来るかどうか、さまざまなアクティビティ(サイクリング、シュノーケリング、パドルボーディング、サーフィン)のためのガイド付きの散策ツールと機器があるかがポイントです。

スキューバ

ガラパゴスは、国連が生物圏保護区と宣言し、CEDAM Internationalが「世界の七つの水中不思議のうちの一つ」と命名したことで、世界でも有数のスキューバダイビングの目的地の一つです。ガラパゴス 諸島内ではたったの25回以上のダイビングを経験した、経験豊富なダイバーだけがこのアクティビティに参加できます(稀な例外として、ライセンスを受けたダイバーがエキスパートガイドによって評価および承認されない限り)。 2つの選択肢があります。 典型的な1週間の旅程でのライブダイビングクルーズで、1日に3回のダイビングを提供していますが、小さなヨットでのダイビングはありません。 スキューバダイバーの方にとって、この目的地は間違いなくマストです。

 

さぁ、早速2019年はメトロポリタンツーリングでガラパゴス旅行の予約をしてください!

 

保全への取り組み

ガラパゴスは、70年代後半に国連教育科学文化機関(UNESCO)によって世界遺産に登録されました。この認識を受けて、とても人気があり、美しく、しかも壊れやすく繊細な場所であるためには、いくつかの本当に強い保護努力が必要です。ガラパゴス諸島で生活し、働いている多くの人々に環境責任が祀られています。

利害関係者の膨大な数、利害関係が競合するもの(漁業および観光産業vs.保全および環境保護への取り組み)を考えると、意思決定プロセスは島では容易なことではありませんでした。 1986年、ガラパゴスでの漁業や乱獲を規制するための法律が制定され、群島内外の水域が重要な生物圏保護区として認められました。島と海の保護は、1959年に設立され、現在60周年を迎えているガラパゴス国立公園局(GNP)の責任となりました。

理解するべき1つのことは、ガラパゴスがあなたが思うほど強く運ばれないということです。限られた数の船舶、ホテル、および年間の訪問者のおかげで、ガラパゴス国立公園局は、この地域の旅行や活動をより効率的に監視および規制することができます。共同保全活動への規制やさまざまな事業者の参加は特に良いことです。例としてガラパゴス国立公園は最近2019年の初めに約1400の海洋イグアナをノースセイモア島(NorthSeymor)から隣接するサンチアゴ島(Santiago)に移しました。2004年まで、サンチアゴ島(Santiago)は野生の豚、猫、およびげっ歯類によって乱されました。これらの草食動物は島の植生をかつてのものに回復させるのに役立つと期待されています。

 

更に素晴らしい:キト旧市街

ガラパゴスを訪問する特別な理由が必要ですか?ガラパゴス諸島へのすべてのフライトは国内線であり、Guayaquil(空港コード:GYE)または首都キト(UIO)のいずれかから出発しています。
2018年、キトはユネスコの世界遺産として40周年を迎えました。最近では、コンデナストトラベラー (Condé Nast Traveler)によって、世界で最も美しい50の都市の1つに選ばれました。ラテンアメリカ全土の地域。ゴージャスな石畳の広場、ゴシック様式の教会、バルコニーが並ぶ家、文化的な美術館、職人の店、カフェ、レストラン、近隣の公園などが、訪れる人々を興奮と懐かしさを感じさせます。
この街の中心部には、活気あふれる歴史的に重要な地区であるサンフランシスコプラザがあります。一方の側には、同名の教会と修道院が並び、もう一方には、最近改装された歴史的な邸宅があります。ガラパゴスへ、またはガラパゴスからのあなたの方法を通って旅行するかどうか、それはキト滞在を考慮する価値があります。

With parents that worked for the U.S. Foreign Service up until he graduated from high school, Chris was raised to have the heart of a nomad throughout his life. He has resided in Honduras, Guatemala, Colombia, Panama and Ecuador throughout his years, and just recently spent the past four up in Canada finishing his Bachelor’s Degree in Philosophy & English at the University of British Columbia.